県民の森の渓流コースでとんぼ撮影に再挑戦

昨日はお休みだったので、Pingさんとこの前土砂降りに見舞われてしまった県民の森渓流コースに再挑戦してきた。

到着した直後には通り雨に遭ってしまったけれど、何とかやり過ごして出発。
渓流に近いほうの、前回とは逆の入り口から入った。

d0240983_2019141.jpg
入り口からは、ず~っと下り。

階段があるので歩くのには問題ないけれど、下りでも足がぷるぷるしてくるほど。

帰りの上りのことはとりあえず考えないようにした。

渓流に到着してしまえばとっても気持ちの良い景色が続いている。

今回もとんぼが目的だったので、写真もとんぼばっかり。
d0240983_20232019.jpg
リュウキュウベニイトトンボ

以前はなかなか見つけられなかったとんぼだけれど、いったん気づいてしまうと結構あちこちに見られるとんぼだった。

d0240983_20254042.jpg
リュウキュウハグロトンボの雌

雄と比べると地味だけれど、よ~く見ると体の光沢が結構綺麗なんだよね。

d0240983_20255984.jpg
リュウキュウハグロトンボの雄

全身てっかてかで綺麗!

今回は残念ながら薄暗い場所に逃げ込まれてばかりで、あんまり綺麗に撮ることが出来なかった。

d0240983_20302231.jpg
オオハラビロトンボの雌

高い木の上に逃げられてしまったので、ちゃんと撮れなかったのが残念。

d0240983_20303923.jpg
オオハラビロトンボの雄

前回ちゃんと撮れなかった分、今回はがんばった。

d0240983_20335445.jpg
リュウキュウルリモントンボの雌

黄色の雌をついに発見!
今回の一番の成果だった。

国頭の林道でも見られるはずなのだけれど、自分はまだ見つけられたことがなかった。

だから、別の場所なら見つかるかもしれないと思っていたのさ!

d0240983_2034784.jpg
リュウキュウルリモントンボの雄

これまで国頭の林道でしか見たことがなかったから、ここにもいるとは思っていなかったのだけれど。

遊歩道沿いで偶然見つけたから、渓流沿いにもいるだろうと思ってがんばって探した。

ペアになっているのを見つけられなかったのは残念だけれど、雄雌両方見つけられただけでも満足。

カメラはFT3とペンライトさんを持っていったのだけれど、ペンライトさんで撮るのはまだまだ上手くいかないので、今回のとんぼ写真もほとんどFT3で撮った。
ペンライトさんでの撮影の仕方を教えてもらって試したりはしたのだけれど、本当に難しい!

d0240983_204311100.jpg
ペンライトさんで撮った、なんとなくマシだった生き物写真その一。

なんていう虫なのかはわからない。

コオロギっぽい?

d0240983_20471713.jpg
ペンライトさんで撮った、なんとなくマシだった生き物写真その二。

リュウキュウハグロトンボの雄と水の流れ。

これ以上とんぼを拡大してしまうと、ぼけぼけになってしまうのでした……

d0240983_20482136.jpg
最後に、昨日の帰りの今日の空。

雨に降られたのは到着した時だけで、その後はとっても良い天気だった。

先に降られたせいで、ちょっと蒸し暑くなってしまってはいたけれどもね。

以上!
[PR]
by saru_tra | 2013-08-25 20:55 | 日々 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27
お猫さまをお迎えした
at 2016-10-05 16:19

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索