2015年 05月 23日 ( 2 )

うるま市民の森公園(石川市民の森)を散歩してきた

今日は梅雨らしい空模様だったけれど、昼頃には曇りになって時折日差しが差すこともあった。
そこで傘を持ってPingさんと最近知って気になっていた石川市民の森へ散歩に行ってきた。

公園内の散策道路はとっても自然豊かで驚いた。
d0240983_20212747.jpgd0240983_20214055.jpg

案内図の、歩いた道の部分を拡大したもの。
男の子と女の子が肩を組んで楽しげに歩いている道の実態は、完全な登山道でした。

この時期は蝶とか蛾が多いのかな。
いろんな種類のが飛び回っていた。
d0240983_20262135.jpgd0240983_20263667.jpg

最初に撮ることができたのは、アオバセセリ!
成虫は、想像していたよりもでかかった。
でも幼虫があんなにごろりんとしているのだから、こんなものなのかな。
もう一匹は、オオトモエというらしい。
初めてみつけたし昼間に見られるのは珍しいんじゃないかと思ってがんばって撮った。
実際は、それほど珍しい種類でもないらしいね、残念。

とんぼもちょっとだけ。
d0240983_20304227.jpgd0240983_2030556.jpg

オオハラビロトンボの未成熟の雄と、オオシオカラトンボの雌。
もうちょっとしっかり撮れたらよかったのだけれど、周りが鬱蒼としていて近づきにくかったのと曇り空だったのでこんな感じになってしまった残念。

その他の虫たちも。
d0240983_20342891.jpgd0240983_20343692.jpg

タテオビフサヒゲボタルの幼虫と、多分オキナワツノトンボでいいはず。
赤いのはダンゴムシか何かだと思っていた。
ホタルの幼虫だと知ってびっくり。
ツノトンボは以前虫取り網で捕まえて虫かごの中での撮影だったから、ちゃんとした自然な状態で撮れてうれしい!

石川市民の森の散策道路からはそのまま石川岳の登山道につながっているので、梅雨が明けた晴れの日にまた訪れたいと思うよ。
北部まで行かなくても、こんなに良い場所があったんだね。
[PR]
by saru_tra | 2015-05-23 20:47 | 日々 | Comments(5)

梅雨入りだからコンテと倉敷ダムでとんぼ探しをしてきた日の日記

せっかく書いたのに消えちゃった日記の書き直し。
そしてどうやら消えてしまったのは操作ミスなどではなく、画像アップロードが正常にいかなかったせいだったようだ。
これ書いている間も上手くいかないので手間のかかる方法でやってる。
ブログサービスかブラウザかどちらのせいなのかはわからないけれど。

5/21曇りだったので、コンテと倉敷ダムの右岸の池へとんぼ探しに行ってきた。
ダムも右岸の池も水が少ない。
前日に土砂降ったけれど、数時間程度じゃ足りないね。
d0240983_75566.jpgd0240983_7552217.jpg

そしてみつけたとんぼたち。
コシブトトンボ、リュウキュウベニイトトンボ。
d0240983_7592447.jpgd0240983_7593291.jpg

アオモンイトトンボ、コフキヒメイトトンボ
d0240983_7594514.jpgd0240983_759537.jpg

コシブトトンボは雌も見つけられたけれど、未成熟の雄が一番多かった。
前日の雨のせいか、羽がくしゃっとしてしまっているのもいた。
珍しくアオモンイトトンボは青い雌をみつけられたし、リュウキュウベニイトトンボは雄が見当たらなくて雌ばかり。
コフキヒメイトトンボは倉敷ダムでは初めてみつけられた気がする。
それとも写真に撮れてなかっただけかな?

とんぼ以外の虫たちは、カマキリの幼虫とトリバガの仲間。
d0240983_86325.jpgd0240983_861289.jpg

昨日はこのカマキリと蛾について調べるのに時間がかかったんだよね。
羽の無いカマキリが幼虫だって知らなかったんだ。
でもよくあるカマキリの孵化の画像ではちゃんとカマキリの形してたね、そういえば。
この小さいカマキリはあとどれくらいで羽の生えた成虫になるんだろう。
幼虫の時には種類を特定するのは難しそうだ。

トリバガは、『蛾 T字』で山ほど出てきた。
やっぱりこんな調べ方になるよね!
でもなんていう名前なのかはわからなかった。
種類が多そうだし、羽がきゅっと閉じられているから難しそう。

もうひとつの調べ物は、アオモンイトトンボの未成熟雌について。
d0240983_8164685.jpgd0240983_8165393.jpg

以前、小さく見えてヒメイトトンボの未成熟雌に間違えたくらいの大きさのヤツをまたみつけた。
今度はアジアイトトンボの未成熟雌じゃないかと疑ってみたので、しっかり撮ってみた。
もう一匹、すぐにアオモンだってわかったヤツも撮り比べてみた。

結果は、どちらも腹部第一節が背面までオレンジだし眼後紋もくっきりオレンジだからアオモンで間違いないと思う。
沖縄のトンボ図鑑では腹部第二節の前半部分の背面もオレンジになっているけれど、これまで見てきた感じでは、腹部第二節背面は黒い場合も多そうだ。
だから、見づらいけれど、腹部第一節背面の色を確認しなくちゃいけないと思う。
あとはアジアイトトンボの眼後紋はぼんやりしている感じらしいから、そこもちゃんと確認しなくちゃ。

ただ、アオモンの間でも眼後紋の大きさなんかに違いがある。
個体差か成熟度によるんだろうとは思うけれど、昨日はこれが気になって画像検索しまくったんだよね。

残念なことに、アジアイトトンボらしきとんぼは全くみつけられなかったということだ。
どこに行ったらみつけられるんだろうなあ……
[PR]
by saru_tra | 2015-05-23 08:32 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

301 Moved Pe..
by Manueljeags at 17:00
カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51

検索