2015年 05月 31日 ( 1 )

せっかくの晴れなので名護岳林道湧水を見てきた

昨日は名護までドライブしてきたので、ついでに名護岳林道の湧水も見てきた。
d0240983_7303846.jpg
梅雨入り後あまり雨は降っていない印象だけれど、それでもこちらの湧水は復活したようだ。

勢い良く水が流れている。

d0240983_7322261.jpg
ただ気になったのは、昨日は一日中晴れていたにもかかわらずとんぼの姿がほとんど見られなかったこと。

いつも訪問するような時間帯ではなかったからなのかもしれないけれど、それでも少ない。

このペア以外のオキナワトゲオトンボは見つけられなかった。

d0240983_7351468.jpgリュウキュウルリモントンボもこの雄だけ。

この時期雌を見つけにくいのはいつものことなのだけれど、雄もこんなに少ないのはこれまで無かったような気がするんだよなあ。

少なくとも写真で確認する限り、去年の四月や五月はもっと多かった。

オキナワトゲオトンボも、去年の今頃は交尾や産卵の様子が沢山見られたのに、今年はほとんど見られない。
そしてついこの間来た時には湧水の周りに沢山いた雄が、昨日は全くいなくなってしまっていた。
やっぱりなんか変な感じだ。
斜面の上のほうの藪の中に退避してしまっているんだろうけれど。
このままオキナワトゲオトンボの季節が終わってしまったら、来年はもうこの湧水ではオキナワトゲオトンボを見られないんじゃないかと不安になる。
d0240983_7422021.jpg
これも不安になる理由のひとつなのだけれど、今年に入って訪れるたびにこざっぱりとした印象を受けた原因。
こまめに清掃がされているんだ。

湧水を汲みにくる人が気持ちよく利用できるようにって配慮だろう。

ただ、とんぼにとっては住処を追われることにもなっているんだよね。


大国林道の比地側湧水はいつも綺麗に清掃されていて、そのかわりヤンバルトゲオトンボが見られない。
前後のほかの場所では普通に見つけられるのだから、周囲にはちゃんと生息している。
でも、寄り付かない場所になってしまっているんじゃないかと思う。

これと同じことが、名護岳林道の湧水でも起こるんじゃないだろうかと。

人目につかなくなるだけで、いなくなるわけではないってことはわかっているんだけれど。
気軽に観察できる場所がなくなってしまうかもしれないということに、不安と不満を感じてしまっているんだよなあ。
身勝手なことなのかもしれないけれどもね。
[PR]
by saru_tra | 2015-05-31 08:16 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

301 Moved Pe..
by Manueljeags at 17:00
カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51

検索