<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

チヌフク林道

起点:県道70号線国道58号線からちょっと入ったところ~終点:伊江Ⅱ号線を結ぶ林道。奥与那林道の支線ではなく周辺林道。

奥与那林道と周辺の地図 【googleマップへ】

d0240983_2110712.jpg

d0240983_21102073.jpg起点へと続く道
右の道がR58。辺戸へ向かうようにしていくと、チヌフク林道へは左折になる。
R58側には、周囲に目印になるものが見当たらない。
ここから入って少し行ったところに起点の案内板がある。

d0240983_21124087.jpg起点へ続く道を覗くとこんな感じ。
見落としそうな細い道だ。

d0240983_2113356.jpg起点側入口
ここではなぜかおかしな写真ばかり撮ってしまっていた。
左から中央で行き止まりになっている道がR58から起点へ続く道。
右折するようにしてチヌフク林道へ入る。
起点の案内板はひさしがついていてかなり立派。

d0240983_21181643.jpg宜名真林道との分岐地点
チヌフク林道の中間地点辺りにある。

d0240983_21191034.jpgチヌフク林道から宜名真林道入口を見たところ。
この場所はなぜか広々としている。

d0240983_21203082.jpg終点
なぜか終点という表現がされていない。

d0240983_2120553.jpg終点側入口
伊江Ⅱ号線から見たところ。

個人的な感想なのだけれど。チヌフク林道は、怖かった。

d0240983_21213897.jpg泥だまり。ここは特に規模が大きいけれど、もっと小規模な泥だまりは数箇所あった。

d0240983_21215233.jpgチヌフク林道の雰囲気を良く表していると思った写真。

d0240983_2122743.jpg荒れた雰囲気。

d0240983_2122209.jpg地面が濡れていなくて本当に良かった。

d0240983_21223486.jpg小さな花が敷きつめられている。


<2012.5.29>
[PR]
by saru_tra | 2012-05-31 21:40 | ★奥与那林道 | Comments(0)

宜名真林道

起点:国道58号線~終点:チヌフク林道を結ぶ林道。奥与那林道の支線ではなく周辺林道。

奥与那林道と周辺の地図 【googleマップへ】

d0240983_22105573.jpg

d0240983_22111071.jpg起点
国道58号線側の入口。
看板の向かいの金網は取水ポンプ場。

d0240983_2213977.jpg林道に入ってすぐの所に取水堰と砂防ダムがある。

d0240983_22132787.jpg入口からしばらくは落石注意だ。
大きくはない石ころがころころと落ちている。

d0240983_22172243.jpg滝というには小規模だけれど、斜面を水が流れている場所を発見。

d0240983_22173616.jpg繁多橋
武見川に架かる橋

d0240983_22174829.jpg大きくは無い川だけれど、雰囲気がとてもよい。

d0240983_2227236.jpg宜名真ダムと思われる場所
この先立入禁止になっているので、宜名真ダムの実態解明は断念。

d0240983_22273481.jpg木々の合間からダム湖を確認する事は出来た。

d0240983_2233339.jpg唖然とした光景。
かなりの広範囲に渡って丸刈りにされ、人工造林がなされている場所。


d0240983_22331541.jpg森林環境保全整備事業によるものだ。
人間に都合のよい森林環境を保全する為の整備事業。
経済活動としては必ずしも悪い事じゃないのだろうけれど、目の当たりにするとやはり微妙な気分になってしまうね。これだけの自然を壊してしまっているのだから。

動物の住処が奪われているのは事実だ。再生されるまでには結構な年月がかかってしまうのだろうし、もともとあった本来の森に戻る事はもうない。

d0240983_22471557.jpgもう一つ、違和感を覚えた場所。
不自然に松ばかり植えられた斜面。理由は知らない。

d0240983_22502849.jpg終点
目の前を左右に横切るのがチヌフク林道。

d0240983_22504738.jpg


<2012.5.29>
[PR]
by saru_tra | 2012-05-30 23:01 | ★奥与那林道 | Comments(0)

きれいなくものしゃしん

蜘蛛が綺麗だったので撮ってみた。大きさは6~7mmほど。
d0240983_20305597.jpg名前は分からないので、今日の課題だ。

そして昨日の生き物達解答編。ネットで調べてみた。せっかくなので写真も再掲。
d0240983_20323199.jpgリュウキュウハグロトンボのメス。胸部の光沢とハネの白い紋が特徴なのかな。
オスは青くてもっと綺麗だ。
次回はオスの撮影に挑戦しよう。見つかるといいな。

d0240983_20324171.jpgミナミヤスデという外来種らしい。
本島中南部にはそこらじゅうにいるようだ。

d0240983_20325212.jpgミズスマシの仲間。
距離があったので特徴などはまったく分からない。
水の中を泳ぐゲンゴロウなら見たことはあったのだけれど、ミズスマシを見たのはこれが初めてだったように思う。
もしかしたら見たことがあっても記憶に残っていないだけかもしれないけれど。


以上。
[PR]
by saru_tra | 2012-05-30 20:48 | 雑記 | Comments(0)

Dトラッカーで奥与那林道支線めぐり【近隣林道】

今日は朝六時に出発して、宜名真林道とチヌフク林道へ行ってきた。
宜名真林道の入口がどこだか分からないので、宇嘉林道線とチイバナ線経由で進入してから起点と終点を確認。そこからチヌフク林道の途中へ進入して、まずは伊江Ⅱ号側の終点へ向かってから折り返し起点まで走って県道70号線へ出た。

R58側から宇嘉林道線へ向かった。到着した頃には怪しげな空模様になっており、風がとても強かった。
d0240983_2153183.jpg

宇嘉林道線からチイバナ線へ。
d0240983_21552320.jpg

砂防堰堤のところにも立ち寄ってみると、以前より水かさが増していた。水中を良く見るとシリケンイモリが泳いでいた。前回見たのも、もしかしたら同じヤツだったのかもしれない。写真を撮る事が出来なかったのが残念。
d0240983_2156504.jpg

チイバナ線から宜名真林道へ。宜名真林道の案内板はとてもきれいで凝った作りだ。
d0240983_220170.jpg

宜名真林道の起点横には砂防ダムがある。宜名真ダムの下流に当たる場所。この砂防ダムから下流は砂防指定地になっているそうだ。あと、取水堰もある。
d0240983_2245128.jpg

起点から終点へ向かう。チイバナ線との分岐を過ぎてすぐの場所で、宜名真ダム関連の看板がある場所を発見。宜名真ダムはアースダムらしいのだけれど、この道の場所が堤体になるのかなあ? それともこの先にあるのか……残念ながら立ち入り禁止のため確認する事は出来ませんでした。
d0240983_22165960.jpg

木々の間からかろうじてダム湖の一部を撮影することはできた。
d0240983_2220140.jpg

宜名真林道からチヌフク林道へ。チヌフク林道の案内板も凝った作りだった。起点の案内板はでかくて立派。
d0240983_2222129.jpg

道の途中で黒いとんぼを発見。近づいても逃げないので激写してきた。でも背景が悪くて見づらい写真になっちゃったのが残念。なので大きめ写真。
d0240983_22233366.jpg


生き物つながりで、よくわからない生き物達。
漢那ダムで雨宿り中に見つけたでっかいの。あちこちにいっぱいいた。
d0240983_22311885.jpg

チイバナ線の砂防堰堤のところで見つけたやつ。アメンボと一緒に水面を滑るように移動していた。今まで見たことのない生物なので気になった。何だろう?
d0240983_22314841.jpg


今日は行きも帰りも雨に降られて散々だった。行きは漢那ダムで二時間弱・帰りは羽地ダムで一時間弱雨宿りのために足止めされた。なので結局帰りが遅くなってしまったのでした。
[PR]
by saru_tra | 2012-05-29 22:38 | D-TRACKER | Comments(0)

苦労はちょっとだけ報われた

この前地面をちょっとだけ嵩上げした。
今日の朝雨が降ったので、大雨じゃなければ水はDとらまで達しない事を確認することが出来た。
大雨が降れば水浸しにはなってしまうが、これなら水が引くのも速いだろうし、水溜りが何日間も足元に残る事は無いはずだ。
d0240983_19483054.jpg

今日の空は雲っていはいたけれど、結局雨はほとんど降らなかった。雨が降ったのは早朝と夕方くらい。
d0240983_19531672.jpg

d0240983_19541318.jpg

そしてこちらは特に何の脈絡もないけれど、ちょっと前に撮った羽地ダムのねこ。ケイタイの中から発見したので公開。
ちょっとだけむっとした表情だけれど、こんなに近づかせてくれるようになったのがうれしい。
d0240983_19554680.jpg

以上!
[PR]
by saru_tra | 2012-05-28 20:03 | 雑記 | Comments(0)

名護岳線

起点:県道18号線~終点:名護城址公園展望台横

名護周辺の林道の地図 【googleマップへ】

d0240983_19562328.jpg

d0240983_19573060.jpg起点側入口。
大きななにかのアンテナ用鉄塔が目印。

d0240983_19582066.jpg起点側からしばらくは、結構うっそうとした雰囲気の道が続く。

d0240983_2003139.jpgどちらかというと起点寄りの場所で湧水発見。
焼き物の龍が水を吐き出している。

d0240983_2015471.jpg苔生していて貫禄があるけれど、表情は笑っている様に見えるので愛嬌があるといえなくもない、と思う。

d0240983_2054166.jpg終点に近づくにつれて、道が綺麗になっている。
終点は公園なので人通りが多いためだろう。

d0240983_2063470.jpg青年の家とか名護岳へと向かう道。

d0240983_2065731.jpg子供たちがデザインした生き物注意の看板もあちこちにある。

d0240983_20111017.jpg終点側入口。
すぐ脇に展望台カフェがあり、散策や登山に訪れた人たちがくつろいでいる。
綺麗な道なのでこちらが起点と勘違いしていたけれど、林道の公園側は終点になる。

d0240983_20144588.jpg名護岳線の看板の地図は、起点と終点では上下が綺麗にひっくり返っている。
不思議だ。

d0240983_20161411.jpg最後にネタっぽいやつ。
見事な朽ちっぷりだ。


<2012.5.25>
[PR]
by saru_tra | 2012-05-28 06:00 | ★名護周辺林道 | Comments(0)

今日の天気は

朝一番はとても晴れていた。ちょっと色が薄めの青空に、薄い雲がかかるくらい。
でも昼頃からは雲ってしまい、雨もちょっとぱらついた。
d0240983_20583796.jpg

d0240983_20585955.jpg

実は一昨日からFT3の調子が悪かった。GPS測位が出来なくなっていた。
名護岳線の湧き水の場所もちゃんと確認したかったのに出来なかったんだ。
だから今日、職場でGPS測位を試しがてら空の写真を撮ってみた。
そしたらちゃんと出来たので、ひと安心。
[PR]
by saru_tra | 2012-05-27 21:08 | 雑記 | Comments(0)

熱田線

起点:国道58号線~終点:不明(県民の森のジ・アッタテラスゴルフリゾート側ゲートの場所?)

名護周辺の林道の地図 【googleマップへ】

県民の森敷地内の道。熱田林道・熱田2号林道・熱田3号林道の三つの林道がある。
d0240983_2181993.jpg

d0240983_213180.jpg

d0240983_2133757.jpg起点のR58側入口。
ここから伸びるのは熱田3号林道。途中で熱田林道に切り替わるようだが、正確な場所は不明。

d0240983_2144338.jpgオレンジが引かれている道が熱田林道で、この場所が終わり付近。
熱田線は、右に分岐している熱田2号林道へ続く。

d0240983_21114419.jpg熱田林道・熱田3号林道は二車線で林道らしく無い道だが、熱田2号林道は林道らしい佇まいを残す道だ。
林道の終点を示す看板は見つけられなかった。県民の森のゲートがある所で何となく終わっている感じだ。

熱田線の看板では、全延長912mとなっている。三つの林道を合わせるとその三倍位の長さになるような感じなので、もしかしたら熱田3号林道だけを指す可能性もある。

<2012.5.25>
[PR]
by saru_tra | 2012-05-26 21:18 | ★名護周辺林道 | Comments(0)

Dとらお帰りツーリングで名護周辺林道ちょこっと

昨日Dとらが帰ってきた。特に重症箇所もなく、点検清掃のみ。調子の悪さも無くなってよかった。
そこで、バイク屋からそのまま名護周辺の林道をうろつきに行ってきた。
熱田線・億首ダム(県道104号線)・羽地大川線・仲尾次林道・名護岳線と廻ってきた。

d0240983_6101758.jpg恩納村にある熱田線。県民の森の中にある。
終点の看板は見つけられなかった。

d0240983_6103197.jpg熱田林道、熱田2号林道、熱田3号林道の三つの林道をまとめて熱田線となっているようだ。
熱田3号林道と熱田林道は二車線の広々とした道だった。
熱田2号林道はそれなりに林道っぽさがあった。
林道のあった場所を整備して県民の森が造られたということなのだろうかと、想像してみる。

d0240983_6211291.jpg県道104号線を使って東海岸へ抜ける途中、億首ダムの工事現場入口が複数あるのを見つけた。
そのうちの一箇所で、億首ダムの天端を見下ろせる場所を発見。

d0240983_6212320.jpgこちらは金武ダムの本堤と思われる。
構造物の左はしっこに、洪水吐きらしい部分がちょこっとのぞいている。

d0240983_626198.jpg羽地大川線。
どこから林道なのかわからないので、羽地ダムの洪水吐き横で撮影。
左の細い道が羽地大川線。

d0240983_6263314.jpg仲尾次林道との分岐地点で、立ち入り禁止になっていた。
軽トラが横の隙間をすり抜けて入って行ったけれど、自分は怖いからやめておいた。
前回道に穴が空いているのを見ていたし。
軽トラは復旧作業の人だったのかもしれない。

d0240983_6302561.jpg仲尾次林道の終点には看板はなかった。
羽地大川線との分岐が終点だと予想。

d0240983_6303656.jpg道の両側に、枯れ木が大量に積もっていた。
でも道自体は綺麗で走りやすかった。

d0240983_6331549.jpg名護岳線には青い林道看板はなかった。

d0240983_6332677.jpg名護岳線の起点終点は名護城址公園の中にあり、お向かいには展望台カフェがある。
くつろいでいる人たちの目の前にバイクで乱入するような形になってしまった。
ごめんなさい。

d0240983_636161.jpg名護城址公園の一部のようになっているためか、湧き水も凝った造りになっていた。
焼き物の龍の頭が据え付けられて、口から水を吐き出していた。

d0240983_6371346.jpg途中、崩れた法面の復旧作業に遭遇。
ここから向こう10m位は道が泥だらけだった。
Dとらも泥だらけ。

d0240983_6372659.jpg道端には外された立入禁止テープ。
作業する人がいない時間帯は、立ち入り禁止にしているのかな。


最後に、朝撮った浜比嘉島での景色。
d0240983_6401426.jpg

d0240983_6402624.jpg

大変密度の濃い一日でした。
[PR]
by saru_tra | 2012-05-26 06:45 | D-TRACKER | Comments(0)

大保ダム越流見学

昨日は晴れていたけれど、ちょっと前に豪雨があったから試しに大保ダムへ行ってみた。
予想通り!
d0240983_62996.jpg

ちょっと水量は少ないけれど、ちゃんと越流しているのを見ることが出来た。
d0240983_631434.jpg

d0240983_633923.jpg

真喜屋ダムへも立ち寄った。
d0240983_682611.jpg

川が濁流になっていた。原因はこれ。凄い勢いだ。
d0240983_683995.jpg

以上。
[PR]
by saru_tra | 2012-05-24 06:10 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27
お猫さまをお迎えした
at 2016-10-05 16:19

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索