<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

芭蕉布の里の滝訪問と大保ダムのとんぼ観察

日曜日はPingさんと大宜味村喜如嘉にある七滝を訪れた。
存在は以前から知っていたのだけれど、何となく行ったことがなかった。
d0240983_230976.jpg
七回軌道が変わるので七滝というらしい。

水量がちょっと少なめだったのであまり迫力はなかったけれど、とても雰囲気の良い滝だった。

とんぼの存在も期待していたのだけれど、残念ながらめぼしいとんぼは見当たらなかった。

でもここはホタルの名所でもあるらしいので、来年のホタルの季節にぜひまた訪れてみたい。


d0240983_2363966.jpg
ついでに最寄の大保ダムへも立ち寄ってきた。

台風が来ない影響か、かなり水位は低くなっていた。

d0240983_2374232.jpg
最近はとんぼばかり追いかけてダム自体に目を向けていなかったので気づかなかったのだけれど、いつの間にか展望台にプレートが取り付けられていた。

d0240983_239462.jpg
大保ダム総合案内。

ダムの説明が何枚かにわかれて書かれている。


そして今回もアオモンイトトンボとコシブトトンボを探し回ったのだけれど、同時にタイリクショウジョウトンボもしっかり観察してきた。
d0240983_23105762.jpg
タイリクショウジョウトンボの成熟した雌。

ここで見つける雌はなぜか羽がぼろぼろなんだよね。

なぜだろう?

d0240983_23141951.jpg
しっぽの先っちょを拡大!

雌は腹の下のほうにトゲっとしたでっぱりがあって、先っちょは開いたようになっている。

d0240983_23154715.jpg
綺麗な黄金色の未成熟の雌!

d0240983_23163280.jpg
こちらもしっぽの先っちょを拡大すると、さっきの雌と同じ形状をしている。

なので、雌で間違いない!

d0240983_23173281.jpg
同じく綺麗な黄金色をしているけれど、こちらは未成熟の雄。

d0240983_23181382.jpg
腹の下のほうにはでっぱりがなくて、先っちょは閉じている。

最近になって、ようやく雄と雌の色以外の違いを観察できるようになってきた。
タイリクショウジョウトンボの未成熟のヤツは雄も雌もぱっと見おんなじだから、ちゃんと見分けられるようになりたいね。

そしてちょっと気持ち悪いけれど、こんな状態のヤツも発見。
d0240983_23214423.jpg
胸から腹にかけての下のほうに、ぶつぶつがいっぱい。

以前にも見かけてはいたけれど、そんなに大量に付いていなかったので気にしていなかった。

多分ミズダニというやつに寄生されている状態。

ここまで酷いと何だかもう痛々しいや。



沖縄も最近になって徐々に涼しくなってきている。
一年中見られるトンボもいるけれど、あともう少しでいったんはとんぼの季節も終わりになるんだろうな。
[PR]
by saru_tra | 2013-09-30 23:38 | 日々 | Comments(0)

久しぶりのDとら出動でいろいろ写真撮影!

今日は久しぶりにDとらと国頭まで行ってきた。
目的の場所は、楚洲のあたりの崖っぷち。

まずはいつものように羽地ダムを目指したのだけれど、大浦わんさかパークの手前くらいから雨が降り出してしまい、ちょうど羽地ダムに着いたときに本降りになってしまった。
仕方がないので空模様が落ち着くまで羽地ダムで様子見をした。
d0240983_18582138.jpg
羽地ダムの虹をみたり

d0240983_1859777.jpg
羽地ダムのきのこのある風景を撮ったり

d0240983_190132.jpg
羽地ダムの小さきものたちを激写したり

d0240983_1902841.jpg


d0240983_1903786.jpg


d0240983_191972.jpg
いつまでたってもなついてくれない羽地ダムのねこを隠し撮りしたり

羽地ダムで、多分三十分以上は足止めされていたんじゃないだろうか。

雨がやんで雨雲が去ったのを見計らって、とりあえず試しに道の駅ゆいゆい国頭へ向かった。
いつものことではあるのだけれど、今回もやっぱり比地のあたりの山の上には雨雲がもっくもくだった。
なのでここでも北上するべきかうじうじと悩んでしまい、結構な時間を浪費してしまった。

でも最終的には北上して東海岸へ向かい、酷い雨に遭遇することもなく楚洲の目的地にたどり着いたのでした。
ここでの目的は、Dとらを入れたきれいなくものしゃしんを撮ること!
d0240983_19122023.jpg
この場所からの海の景色は、なんとなく沖縄らしい海っていう気がして好きなのです。

d0240983_1913509.jpg
そしてDとらを入れるとこうなる。

センスと技術の問題なのはわかっているのです。

d0240983_1915025.jpg
予定していたきれいなくものしゃしんはこんな感じ。

残念ながら今日の雲はあまり美しくはなかったけれど、せっかくだから撮ってみた。

できればもうちょっと薄い雲に太陽が隠れる程度がいいんだけれどもね。

d0240983_1917476.jpg
そしてDとらを苦労して崖っぷちまで運んで撮影。

太陽を撮るって難しいね。
変な青い光が入っちゃうんだ。

しかも今日は予定の時間より遅い到着だったので、太陽がすっかり高くなってしまっていた。

Dとら入りのきれいなくものしゃしんは、気長に挑戦するしかないね。
ダムからの日の出よりも難しいや。

楚洲の崖っぷちを後にしてからは、なんとなく東海岸を南下して安波のサキシマスオウノキまで行ってみた。

ヒメイトトンボの撮影に成功した今、次なる目標に向かってまい進せねばならぬのです!
ということで、次に気になっているカトリヤンマを探しにいってきた。
カトリヤンマの生息場所は藪の中ということなので、サキシマスオウノキの周辺には水もあるし鬱蒼とした感じだったので、いないかな~っと思ったのです。
そして結果は残念ながら見つけられず、見つけられたとんぼはオオシオカラトンボばっかりだったので撮影もしなかったのでした!

なんだかがっかりだったので、気晴らしに大保ダムへ行ってコシブトトンボを激写しまくってきた。
コシブトトンボの成熟した雄と未成熟の雄の比較。
d0240983_19424356.jpg
成熟した雄は、全体が綺麗な水色になる。

d0240983_19425687.jpg
未成熟の雄は、胸部に褐色が混ざっていて眼にも茶色の部分がある。

コシブトトンボの成熟した雌と未成熟の雌の比較。
d0240983_19442420.jpg
成熟した雌は、腹の先っちょと胸部の下側意外は淡い黄色で眼は黄緑色。

お食事中の写真で失礼します!

d0240983_19443863.jpg
未成熟の雌は、成熟した雌よりもちょっと黄色が強い感じで眼は水色がかっていて茶色の部分がある。

色味が似ている未成熟の雄と雌の見分け方は、しっぽの部分の白いのが閉じて見えるのは雄で開いて見えるのは雌。
でいいと思う。多分!

今日の大保ダムでは草刈の真っ最中だったので、芝生はとっても綺麗になっていた。
そのかわり、追いやられてしまったのかアオモンイトトンボは以前のようには姿が見られなかった。
d0240983_1956443.jpg
芝生のところにはいなかったけれど、川沿いのほうにはちゃんといた。

はじめて見るアオモンイトトンボの交尾。

d0240983_1958838.jpg
未成熟の雌も見つけたので、しばらくしたら以前のようにまた沢山のアオモンイトトンボが見られるようになるはず!

d0240983_19592921.jpg
多分タイリクショウジョウトンボの未成熟の雄その一。

雌も未成熟の時は黄色いらしいのだけれど、しっぽの先っちょの形状から雄ではないかと思うのです。

d0240983_19594274.jpg
多分タイリクショウジョウトンボの未成熟の雄その二。

撮っているときには雌かなと思っていたのだけれど、帰ってから良く見たら赤くなりかけの未成熟の雄のようでちょっとがっかり。

d0240983_203383.jpg
非常に見づらい写真ではあるのだけれど、コシブトトンボとハラボソトンボの大きさ比較ができる!

右下にはハラボソトンボ、左上にはコシブトトンボが居るのです。

クリックで写真拡大!

d0240983_2051817.jpg
あまりのインパクトに撮らずには居られなかった方。

結構でかくて、自分の中指よりちょっとでかいくらいだと思う。

いったいこの方はどなたなのかしら!

d0240983_207282.jpg
最後にきれいなくものしゃしん。

蜘蛛って良く見ると本当に綺麗なんだよね。

触れないけれど!

[PR]
by saru_tra | 2013-09-24 20:17 | D-TRACKER | Comments(0)

野鳥の森自然公園で野鳥ではなくとんぼ撮影

ここしばらく日記をサボっていたので、ちょっとまとめておこうと思う。

一週間前くらいには、ヒメイトトンボとコフキヒメイトトンボが気になりすぎていたので仕事が終わった後に長浜ダムまでとんぼ探しに行ってきた。
するとダム下の畑と道路の間の側溝に、コフキヒメイトトンボを発見!
その日はもう薄暗くなっちゃったので、翌日の早朝に出直した。

d0240983_21193649.jpg
そしてやっと撮ることができたコフキヒメイトトンボの成熟した雄。

胸部がすっかり真っ白になっている。

d0240983_2120621.jpg
赤い色がとっても綺麗な未成熟の雌も。

頭の後ろと胸部の間に小さくトゲっとした突起があるのが、コフキヒメイトトンボの雌の特徴なんだそうだ。

この写真では小さすぎて見えにくいけれど、かろうじて突起があるのはわかったのでコフキヒメイトトンボの雌であることは間違いない。

d0240983_21231453.jpg
更に羽化したてのやつまで発見!

たぶん雄。

d0240983_21234944.jpg
人差し指のさきっちょの曲がった草の所にヤゴの抜け殻がある。

大きさは5mmちょっとくらいかなあ。

d0240983_21265196.jpg
そして側溝の中にはちいさなちいさなかえるも。

写真では大きさはわかりにくいけれど、かなり小さかった。


そして土曜日には、Pingさんと野鳥の森自然公園まで行ってきた。
それほど遠くない場所だけれど、これまで存在を知らなかった公園。
d0240983_21372547.jpg
公園の中では、いろいろな野鳥が見られるらしい。

この日は残念ながらほとんど鳥の姿は確認できなかった。

鳴き声は沢山していたのだけれどもね。

d0240983_21384255.jpg
駐車場の脇にはワイルドなトイレ!

d0240983_21393335.jpg
公園内には結構綺麗な路面の遊歩道が続いている。

d0240983_225282.jpg
遊歩道の頭上には、沢山の巨大な蜘蛛たちが巣を張り巡らしていた。

d0240983_21483340.jpg
展望台から見渡す畑と発電所と風車と海。

d0240983_21484563.jpg
畑と住宅と天願川と多分水力発電の施設。

こちらの川沿いにも遊歩道が整備されている。

d0240983_2141189.jpg
公園内の遊歩道沿いで見つけたアオモンイトトンボの雌。

日差しを受けて、何だか綺麗な色に写った。

d0240983_2144407.jpg
同じ場所で雄も発見。

d0240983_21541952.jpg
そしてやっと出会えたヒメイトトンボの雄!

アオモンイトトンボの雌を追いかけている最中に、偶然草むらの中にいるのを発見した。

草の真ん中より付け根に近い部分にいるので、しゃがみこまないと気づけない感じ。

d0240983_21564148.jpg
天願川沿いの遊歩道脇の草むらでは、雌を発見。

突起が確認できないので、ヒメイトトンボの雌でいいはず!

ちゃんと成熟すると若草色になるんだね。

d0240983_21574897.jpg
ちょっとオレンジ色の部分が多い雌も。

まだ成熟しきれていないんだろうね。

d0240983_220221.jpg
遊歩道の川とは反対側にある側溝のような場所には、久しぶりにその姿を確認したアカナガイトトンボの雄も。

このとんぼの生息場所はよく把握できない。
流水棲のとんぼということなのだけれど、そんな感じの場所を探してみてもなかなか発見できないんだよね。

思いがけない成果だった。



先週は両親が来沖していたこともあって、やっぱりいろいろあわただしかったというのはあるな。
楽しかったからいいのだけれどもね。
[PR]
by saru_tra | 2013-09-18 22:17 | 日々 | Comments(0)

初めて出会うとんぼを嘉手納弾薬庫で発見!

昨日の午前中は特に予定を考えていなかったので、まだ出会えていないヒメイトトンボやコフキヒメイトトンボのいそうな場所を求めて、嘉手納弾薬庫内にあるサシジャーという湧水の場所へ行ってみた。
以前に訪れたときにはとっても自然が豊かな良い場所だったな、ということを思い出したから。
d0240983_22444895.jpg
写真の一番奥の場所はコンクリートで井戸のように水が溜められている。

そこから湧き出した水が川になっていて、数十メートルは続いているのかな?

周囲にはすねの辺りまでの高さの植物が密生していて、いかにもイトトンボがいそうな感じ!

実際にとんぼの姿は多くて、種類もかなり多かった。
ギンヤンマ、タイワンウチワヤンマ、ハラボソトンボ、タイリクショウジョウトンボ、ベニトンボ、オキナワチョウトンボ、アオビタイトンボ、コシブトトンボ、リュウキュウベニイトトンボ、アオモンイトトンボ、そしてコフキヒメイトトンボ!
d0240983_22504615.jpg
初めて見る、コフキヒメイトトンボの未成熟の雄。

腹の先が綺麗なオレンジ色で、体は緑っぽい。

まだ粉は吹いていないけれど、足には白い色が見られるね。

d0240983_22505311.jpg
比較のためにアオモンイトトンボの雄。

多分こふきひめはこいつに追いかけられていた模様。

近くの同じ大きさの葉っぱに止まっている。
これで大きさを比べられるかな?

細さの違いは、爪楊枝と針金くらいな感じに見えた。
大げさかもしれないけれど……

ちょっと離れた場所では雌も発見。
d0240983_22584018.jpg
コフキヒメイトトンボの雌は結構綺麗な色彩だ。

体の色はちょっとくすんだ感じの緑っぽくて、目の後ろっかわに水色とオレンジがみられる。

未成熟の時には赤に近いオレンジ色をしているそうなので、これは成熟した雌だね。

d0240983_22584862.jpg
比較のためにアオモンイトトンボの雌。

全体に地味な感じ。
でもイトトンボの雌って、そんな感じのほうが多いよね。

葉っぱの写りかたの違いから、大きさの違いを感じることができるだろうか。

d0240983_2355079.jpg
ついでに不思議なツーショット。

ちっこいこふきひめのよこっちょに、セミっぽい顔立ちの生物が!

なんていう生き物かはわからないけれど、どうやらキジラミとかヨコバイとかそんな感じっぽい。

体長2cm程度のとんぼと比べてこんな感じだから、5mmくらいなのかなあ。

d0240983_23151274.jpg
ついでにとんぼ以外の生物たちも。

植物の穂についている実を根元から食べ進めていくうちに、こんな体勢になってしまったんだね。

d0240983_23152013.jpg
弱肉強食の様子。

よく見ると、クモの足元にはちっこいクモがわさわさしている。

これは、子供なのだろうか?

d0240983_23184610.jpg
気になる部分を拡大!

なんだか、割れたたまごから孵化した感じに見えるけど。

でも、クモのたまごってこんなんだったっけ?

他にも無数の生き物たちがいて、目当てのイトトンボを追いかけていると周りからバッタや蜂なんかがうわっと出てくるので、そのために見失ってしまうことも。
この場所は、今後もたびたび訪れるだろうな。


そして、今日も仕事帰りに思わぬ成果!

d0240983_2330373.jpg
立ち寄ったのは長浜ダム。

堤体下には広場もあるし、川沿いに下りられる場所もあるし、周囲には畑もあるし。

よく考えると、とんぼにはかなり良い生息場所だと思ったんだよね。

d0240983_23305365.jpg
そしてついに、コフキヒメイトトンボの成熟した雄を発見したのでした!

場所は、道路と畑の間にある側溝の中。
中に生えている小さな植物の先端に止まっていた。

雌もいたけれど、もうあたりが薄暗くなっていて、上手くピントを合わせることが出来なかった。
ケイタイのライトとカメラのフラッシュを使ったので、かなりちらちらした感じになっちゃった。

d0240983_23304543.jpg
同じ場所というか道路と側溝の間に生えている植物には、アオモンイトトンボもちらほらみられた。

どうやらアオモンイトトンボがいる場所なら、コフキヒメイトトンボもいる可能性が高いのだな。

これまでは一生懸命に探しても見つけられなかったのに、一度発見してしまうと目に付くようになった。
一度認識してしまえば、脳ミソがちゃんと覚えてくれるということなのかな?
以上。
[PR]
by saru_tra | 2013-09-11 23:50 | 日々 | Comments(0)

生き物撮影の被写体を求めて北部をドライブ

土曜日はお休みだったので、Pingさんと北部へ撮影ドライブに行ってきた。
がんばって早起きして、以前ヤンバルクイナをとることができた辺野喜ダムへ向かった。
d0240983_2055116.jpg
残念ながらすっかり綺麗に草刈されてしまっていて、ヤンバルクイナだけではなくあんなに沢山いたちょうちょやとんぼの姿も見られなくなっていた。

ダムの敷地なのだから手入れされるのは当然ではあるのだけれど、何だか寂しい気持ちになった。

仕方がないので、以前とんぼが沢山いた国頭村森林公園の辺土名湖に行ってみた。
こちらもなぜか以前よりとんぼの姿が少ないような気がした。
季節のせいなのかなあ?
d0240983_20584594.jpg
湖の周囲にある散策路ではムスジイトトンボの雌が結構見られた。

以前はまったく見つけられなかったのに。

季節によって行動の仕方に変化があるのだろうね。

Pingさんにお借りした単焦点レンズを使ってみたよ。

d0240983_210496.jpg
ムスジイトトンボの雄の顔面!

結構おっかない顔していたのだね。

ムスジイトトンボの雄は相変わらず浮き草の上に大量にいた。

陸地の結構上のほうにまで見られたのは前回と違ったけれど。

d0240983_216111.jpg
リュウキュウベニイトトンボの産卵。

ムスジイトトンボばかり見ていたときにこいつらが乱入してきたので、思わず何これって思っちゃった。

ムスジイトトンボと比べると結構大きかったんだね。

d0240983_2155838.jpg
池から陸地の上のほうへ戻ったときに見つけたベニトンボの雌。

やっぱりその場ではなんていうとんぼなのかわからないね。

雄は名前そのままの見た目だからわかりやすいのだけれど。

d0240983_21102625.jpg
やたらに蛍光色なバッタ。

触覚も不思議な模様だ。

d0240983_21103444.jpg
蛍光色なバッタを捕まえようとして、木の上からダイブしてきたキノボリトカゲ。

落下の拍子に獲物を落っことしちゃった感じだったね、残念!

d0240983_21132021.jpg
こちらは駐車場の近くで見つけたトカゲ。

キノボリトカゲとはなんとなく顔の感じが違うような気もするのだけれど……

色が違うだけなのかな?

d0240983_2115344.jpg
駐車場のあるキャンプ場のような広場では、Pingさんがオキナワオジロサナエを見つけてくださった。

遅くても八月下旬くらいまでだと思っていたので、九月に入ってみることが出来たのには驚いた。

場所も芝生的な広場だったし本当にオキナワオジロサナエなのかなと疑ってみたけれど、それ以外にそれっぽいとんぼは見当たらなかった。


d0240983_21254746.jpg
最後に、ヒカゲヘゴと昨日の今日の空。

空がほとんど写っていないけれど、気にしないのさ!

[PR]
by saru_tra | 2013-09-08 21:32 | 日々 | Comments(0)

Dとらと台風明けのちょこっと撮影ツーリング

台風明けとはいってもトラジーは小さかったし沖縄本島を避けていったので、ちょっと風が強かったくらいだったのだけれど。
天気予報がめまぐるしく変わって、昨日の段階では曇りのはずだった今日の天気は朝起きると晴天になっていたので、あまり遠出をしない程度にDとら出動してきた。

最近ずっととんぼが気になりすぎているので、今日もまだ撮っていないとんぼを求めてまずは億首ダムへむかった。
d0240983_16454220.jpg
今日の億首ダムとDとら記念撮影。

億首ダムの下流には農地が広がっているので、そこでまだ見つけたことのないヒメイトトンボとかコフキヒメイトトンボとか見つからないかな~っと思っていた。

残念ながら、ここでは小さいとんぼたちの姿は見つけられなかった。
大型のとんぼはたくさんいたのだけれどもね。

次に漢那ヨリアゲの森緑地公園へ向かった。
どちらかというと低地にある公園なので、ヒメイトトンボとかコフキヒメイトトンボとかもいないかなと思ったのです。
d0240983_16531872.jpg
奥の方には樋川もあるのでアカナガイトトンボもいないかと思ったのだけれど、見つけられなかった。

この写真の左っかわに池があって、漢那農村公園ということになっている。

d0240983_1701648.jpg
樋川のところにいたオオシオカラトンボ。

水のあるところなら本当にどこにでもいるんだなあ。

漢那農村公園側の池にいたとんぼたち。
d0240983_1715888.jpg
タイワンウチワヤンマ

d0240983_174798.jpg
ギンヤンマの産卵!

腹の斑紋の感じだと、どうやら普通のギンヤンマのようだ。

d0240983_1742111.jpg
こちらでは三角関係がもつれにもつれているようです。

d0240983_1743864.jpg
ムスジイトトンボの産卵。

池の縁近くにいたので、かなり接近して撮ることが出来た。

d0240983_1745128.jpg
アオモンイトトンボの雄。

周囲の草むらで雌も探してみたのだけれど、見つけられなかった。

かなり鬱蒼としていたからなあ、残念。


予定とは違ったけれど、まだ撮ったことがなかったギンヤンマを撮れてよかった!
次はリュウキュウギンヤンマも見つけたいな。

以上!
[PR]
by saru_tra | 2013-09-04 17:19 | D-TRACKER | Comments(5)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27
お猫さまをお迎えした
at 2016-10-05 16:19

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索