<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

名護岳林道とめだかの学校でとんぼ撮影会

昨日はとんぼ目当てでPingさんと名護岳林道と漢那ダムのめだかの学校へ行ってきた。

d0240983_1021287.jpg
名護岳林道の湧水は更に水量が減ってしまっているように見えた。

ちょっと横にずれた場所はまだ水が流れているので、とんぼたちもそちら側に集まっているようだ。

d0240983_10224447.jpg
オキナワトゲオトンボは雄ばかり六匹くらい見つけられたけれど、雌は全く見つけられなかった残念。

曇っていたうえに林道自体が薄暗かったので、撮るのが難しかった。

d0240983_10244661.jpg
オキナワトゲオトンボの他にはとんぼの姿は見つけられなかったので、その他の虫たち。

触覚と胸部の感じから、ベニボタルの仲間だと思うのだけれどどうだろう。

d0240983_1026630.jpg
綺麗な色だったので撮ってみたのだけれど、なんていう虫なのか見当もつかない。

アシナガヤセバエの仲間というのが近い感じなのかな。

薄暗い中がんばってみたけれど、もんやり写真しか撮れなかった。

d0240983_10364818.jpgこちらも、見つけたときには何なのか見当もつかなかったヤツ。
調べてみると、マイマイガの蛹のようだ。
表面の毛がイソギンチャクみたいで気持ち悪い。
成虫はもっふもふでかわいいんだけれどもね。

この場所は昆虫採集の方がよくいるようで、以前見つけた蝶の蛹は数日後には採取された形跡があった。

この蛹は対象になるのかわからないけれど、ここで無事に羽化してほしいな!


あとは、めだかの学校へ移動してから撮ったやつ。

d0240983_1044715.jpg
めだかの学校で初めて見つけたヒメイトトンボの雄。
いるはずだけれど、これまで見つけられなかったヤツ。
コシブトトンボを撮影するために腹ばいになって水面近くを覗き込んでいたら見つけられた。

ちょっと遠かったので、ズームにして更に腕を伸ばしていたからぶれぶれ。
でも証拠写真を撮れてよかった!

d0240983_10491345.jpg
今回の最大の収穫、初めて撮れたリュウキュウトンボ。
でも止まってくれないヤツなのでちゃんと撮るのは無理。

いつも木の上の高いところを飛び回るので撮るのは諦めていたのだけれど、やっと撮れた。
もんやり写真だけれど、うれしいね。

次は虫取り網で捕獲して撮ってやる!


もっと暖かくなってほかのとんぼたちもどんどん出てきたら、まだ見つけられたことの無いとんぼを探しにいきたいな。
[PR]
by saru_tra | 2015-04-27 10:57 | 日々 | Comments(0)

Dとらと今年のヤンバルトゲオトンボをやっと撮影成功

昨日は朝五時くらいに出発して奥与那林道と大国林道へヤンバルトゲオトンボを探しに行ってきた。
あとはチイバナ林道も。

今年のヤンバルトゲオトンボは沢山出てきていた。
ついこの前は全く見つけられなかったのに。
多分結構前から出てきてはいるのだけれど、自分が見つけきれないだけなんだよね。
沢山出てきて、ぱっと目に付くようになって初めて自分みたいなヤツにも見つけられるようになるんだ。
湧水なんかの、狭い範囲に密集している場所は本当に良い観察場所だなと思う。

回ってきた場所は、奥与那林道の水汲み場の滝・チイバナ林道の砂防ダムの場所・伊地側湧水・伊地奥間間の湧水・奥間側湧水。
時間が足りなかったので、比地側湧水は止めておいた。

d0240983_944847.jpg
奥与那林道の水汲み場の滝でDとら記念撮影。


d0240983_951298.jpg
ここでは、雄ばかり四匹見つけられた。

今年初撮影のヤンバルトゲオトンボの雄。

オキナワトゲオトンボほどではないけれど、羽の黒ずみがちょっと濃い目。

胸部の黄色いラインはくっきりしていた。

d0240983_10265256.jpg
他には羽化間もなくのオオシオカラトンボの雌。

去年そこらじゅうオオシオカラトンボだらけで、そこらじゅうで産卵していたのだから、そこらじゅうで羽化していて当然なんだろうね。

でもオオシオカラトンボの羽化したてのを見たのは初めてだったはず。

d0240983_965468.jpg
チイバナ林道でもDとら記念撮影。
奥まった場所にある林道だから、行き難い場所なんだよね。

頻繁にこられない場所だから期待したいのだけれど、残念ながら収穫無し。

やっぱり道路から覗き込んでみるだけで見つけられるのは、リュウキュウハグロトンボくらいだね。

d0240983_9122525.jpg
仕方が無いのでシャクトリムシ!

顔に変な模様入り。

多分八の字の目みたいな模様にゴミが重なっているんだろうけれど。


この後は、チイバナ林道から辺野喜ダムへ抜けてR58を南下し、伊地林道から大国林道へ。

d0240983_9164789.jpg
伊地側湧水は、結構前に一度ヤンバルトゲオトンボを見つけたことのある場所だったし、今回もちゃんと見つけられた。
雄一匹だけだったけれど。

そして良く見ると、葉っぱの影にちゃんと塩ビパイプがあった。

見た目より、流れ出ている水も多かった。

d0240983_10304710.jpg
伊地奥間間の湧水では、雄三匹・羽化間もなくの雌一匹を発見。

雌はこれだけしか見つけられなかった。

d0240983_10344690.jpg
奥間側湧水では、雄5~6匹くらい・羽化間もなくの雄一匹を見つけられた。

地面からはがされてしまった苔なんかの山には、こんもりと草が生えてきていた。

この調子でまた鬱蒼とした環境に戻ってしまえばいいな!

d0240983_10381428.jpg
奥間側湧水で撮った黄色のラインが消えかかっている雄。

黄色のラインが消えるヤツは、羽化したときから決まっているのかな?
それとも成熟するにつれて、ラインが残るヤツと消えるヤツに分かれるのかな?

不思議。

d0240983_10394054.jpg
こっちはくっきり黄色のラインが残っているヤツ。

今年はまだ見ていないけれど、黄色のラインが全く無くて真っ黒のヤツもいるし。

たまに見に行くだけじゃ、調べようが無いけどね。


d0240983_10455366.jpg
ヤンバルトゲオトンボの他には、初めて遭遇したヘビトンボ。

沖縄本島には何種類かいるのかな?
なんていうヘビトンボなのかはわからない。

飛び方が必死な感じで、止まるときもちょっとドンくさい感じに見えたのだけれど、それが普通なのかな?




国頭の林道めぐりはとっても楽しかった。
でも帰りにDとらパンクしてしまっていることに気がついた。

家の近所まで帰ってきて、最後の給油時にタイヤが扁平になってしまっているのに初めて気づいた。
転倒しなくて良かったよ。
最悪大変な事故になりかねない状況だよね。

タイヤにほっそ~い金属が二本刺さっていて、そこからの空気漏れ。
ホッチキスの針のちょっと大きめで長いヤツって感じの。
どこで刺さったのかはわからないけれど、少なくとも奥与那林道の水汲み場の滝で撮ったDとら写真ではまだ空気がちゃんと入っていることが見て取れる。

その後で刺さったのか、実は出発の時には刺さっていて一日かけて徐々に空気が抜けていったのか。
今度からは、出発前と止まる度にちゃんとタイヤ確認をしようと思う。

購入してから五年以上経っているし細かいヒビも見られたから、前後交換することにした。
しばらくは、Dとらお預け。
[PR]
by saru_tra | 2015-04-25 11:02 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとら体調管理のために近場へちょこっと

数日前にDとらのエンジンかからなくなってしまったので、こまめにDとら出動することにした。
本当は昨日を予定していたのだけれど、天気予報が怪しかったので今日にずらした。

d0240983_18482193.jpg
朝九時過ぎに出発して漢那ダムのめだかの学校へ。
ホソミシオカラトンボとシオカラトンボ目当てだったのだけれど、残念ながら発見できず。
ベニトンボとタイリクショウジョウトンボは沢山いたけれど、そういえばハラボソトンボもいなかったな。
ひょっとしたら天気が良くないのかもしれない。
もうちょっと晴れた日にまた挑戦しよう。


d0240983_18361270.jpg
ベニトンボの雄は沢山そこいらじゅうにいた。

ちょっと前にはほとんど見られなかったのに。

やっととんぼの季節に突入した感じ。

d0240983_18361547.jpg
ベニトンボの雌も結構いた。

水辺に普通にいたけれど、ペアになるヤツは見られなかった。

雄同士の追いかけっこに夢中になっていないでちゃんと雌を捕まえてくれよ。

でも産卵している雌もちゃんと見られた。

d0240983_18415287.jpg
ムスジイトトンボの雄は五匹くらい見つけた。

去年と比べれば、結構多かったと思う。

夏にはもっともっと沢山見られるといいな。

d0240983_18415596.jpg
この雌は羽が泥で汚れて痛々しい感じだった。

雄に寄っていくんだけれど、何故か上手くいかず。

その後もせわしなく広範囲にうろうろして落ち着かない感じだった。

d0240983_18453952.jpg
リュウキュウベニイトトンボの雄。

雌も見つけられると良かったのだけれど、今日は雄しか見られなかった。

リュウキュウベニイトトンボは沢山いる日と全く見られない日が極端なんだよね。

なぜだろう?

残念ながら初めてのとんぼは見つけられなかったけれど、いつもならあまり見つけられない雌たちを撮ることが出来たので満足でした。

d0240983_1849986.jpg
帰り際に漢那脇ダムでこいのぼりとDとら記念撮影!

こんな早くから飾るんだね。

今年は本番まで綺麗なままでいてほしいな。




あとは、今日のこととは一切関係ないけれど。

d0240983_18531486.jpg
一昨日倉敷ダムで出会ったねこ。

目の前でごろんごろんと転がってくださった。

かわいいなあ。

[PR]
by saru_tra | 2015-04-22 18:57 | D-TRACKER | Comments(0)

ひさしぶりに県民の森でがっつり散歩

昨日の沖縄は曇り空だったけれど、県民の森の渓流コースへ遊びにいってきた。
目的は、散歩することとオキナワサナエを探すこと。
以前羽化間もなくでまだ白っぽいやつを見つけたから、居るのだろうということはわかっているし。

でも結果は、残念ながらそれらしいやつは見つけられなかった。
どんな場所を好むのかとか、どんな行動をとるのかとか全くわからないというのも問題だと思う。
図鑑を読んだりブログを読んだりしてみてはいるのだけれども、一度実際にみつけてみないことにはね。
教えられて知ることと経験してわかることって全然違うし。
何とか自力で見つけたいなあ!


オキナワサナエは無理だったけれど、他の収穫はあった。
以前から見てみたいと思っていたリュウキュウハグロトンボの潜水産卵!
羽まですっかりもぐってしまったやつは撮ることができなかったけれど、見られただけでも嬉しかった。

d0240983_992127.jpg
羽だけ出して、体はすっかり水の中。
それなりに流れがあっても大丈夫なんだね。
たまに流れに負けて斜めってしまっていたけれど。
雄はずっと近くにいたけれど、たまに雌にぴしぴしと攻撃するような動作をしていた。
あれは何なんだろう、気になる。

そういえば、これが今年のリュウキュウハグロトンボ初撮影だった。

d0240983_9203823.jpg
こちらも今年の初撮影。

リュウキュウルリモントンボの雄。

雌は見つけられなかった。

d0240983_953138.jpg
今年の初撮影は終えているけれど、県民の森では初めて見つけたオキナワトゲオトンボ!

去年探したときには見つけられなかったから居ないのかもと思っていたけれど、ここにもちゃんといた。

d0240983_9544381.jpg
渓流コースから林道へ戻った場所で見つけた、今年初撮影のオオシオカラトンボの雌。

奥与那林道でも大国林道でもまだ見つけられていなかったのだけれど、まだ寒かったからなのかな?

これから沢山見られるようになるね。

d0240983_1012887.jpg
渓流コースの途中の橋で出迎えてくれた面白い顔をした幼虫。

ネットで調べてみると、アオバセセリというらしい。

検索結果の写真を見ると、成虫の姿にも幼虫のときの面影が結構あるものなんだなと思った。

成虫綺麗だし、今度探してみよう!

d0240983_1071820.jpg
最後は、帰りの林道で見つけたシャクトリムシちゃん。

変わった花だったので撮ろうと思ったら見つけた。

シャクトリムシもいろんな種類がいるんだよね。
調べてみたいけれど、方法がわからないんだよなあ。




一昨日のDとら不調事件でキック試しまくったのと昨日の渓流コース散歩で、すっかり筋肉痛になってしまった。
ただ、足が痛いのはわかるんだけれど、何故か二の腕から背中にかけてのほうが深刻な痛み。
腕が背中に回らなくなっちゃって困る……
[PR]
by saru_tra | 2015-04-19 10:21 | 日々 | Comments(0)

漢那ダムでとんぼ探しと散歩

昨日は漢那ダムで散歩してきた。
インフラカード情報もいただいていたので、そちらも兼ねて。

d0240983_7194660.jpg
いつものめだかの学校。

インフラカードもらう際に、ちゃんと見学した証拠が必要だったら困るので念のため撮影。

もうすっかりあったかいのに、意外にもとんぼの姿はほとんど無かった。

d0240983_7195638.jpg
初めてはっきりくっきり撮れたハラボソトンボの雌。

ハラボソトンボはちらほら見られた。

シオカラトンボやホソミシオカラトンボは残念ながら見つけられなかったけれど。

d0240983_720268.jpg
ハラボソトンボを撮っていたら、そのすぐ下にいつの間にか居たコシブトトンボの雌。

雌は今年の初撮影。

d0240983_720875.jpg
ハネビロトンボはちょっと前にも海洋博でも見かけていたけれど、何とか今年の初撮影。

といっても遠すぎてもやっとぴんぼけ。

どうしても証拠がほしくて無理やり撮りました。

d0240983_7201572.jpg
あとは情報をいただいていた漢那ダムの沖縄観光インフラカード。

ダム事務所で無事にもらえました!



そしてさっき久しぶりにDとら出動しようと思ったら、エンジンがかからなかった。

そろそろキケンな頃だとは思っていたけれど、これまでは何とかなってきたので油断していたのは事実。
遠出しなくても、エンジンかけるくらいはしてやらないといけないよね。

最近は何だか時間の使い方というか、Dとらに時間をとるタイミングというか、上手くできないんだな。
家でだらだらしているくせに。
だめだね。
[PR]
by saru_tra | 2015-04-17 07:31 | 日々 | Comments(0)

運動無理でも散歩くらいは必要だ

一昨日から突然首肩背中が痛くなってしまった。
きっと運動不足のせいでもう限界が来ているんじゃないかと思ったので、昨日と今日はお散歩に出かけた。

昨日は野鳥の森公園横の天願川。
ほとんどとんぼ探しが中心ではあったけれど、それなりにしっかり歩いてきた。

d0240983_1712533.jpg
天気は良かったけれど、風が強くて気温は低め。

遊歩道の脇では馬かポニーかわからないけれど、草を食べていた。

繋いでいるのかわからなかったし怖いから近づかなかったけれどもね!

d0240983_1722091.jpg
リュウキュウベニイトトンボの姿が一番多かったような気がする。

アオモンイトトンボもがんばっていたけれど、ちょっと図体のでかいリュウキュウベニイトトンボには敵わない。

雌も結構居たので、始めて単独の雌をしっかりくっきり撮影することが出来た。

d0240983_1761153.jpg
ヒメイトトンボの雄。

コフキヒメは見当たらなかった。
というか、風がとにかく強すぎて見つけたとんぼが一瞬で姿を消すので認識できなかったのか。

今度は風の静かな日にまたこなくっちゃ。

d0240983_1761569.jpg
あとは、ツマグロヒョウモンでいいはず!

風にばっさばっさあおられる中で、何とか撮影に成功。




今日は倉敷ダムでちょこっと。

散歩というか、まあ、池の周りをちょこっと。

d0240983_17115259.jpg
今年初のコシブトトンボの成熟し切れていない雄。

沖縄のトンボ図鑑では三月中旬には見られることになっているけれど、今日はこの一匹しか見つけられなかった。

d0240983_17115583.jpg
こちらも今年初のヒメトンボの雌。

沖縄のトンボ図鑑では一年中見られることになっているけれど、今年になってからようやく見つけた。


家の中で出来るストレッチもちょっとさぼり気味だったから、心を入れ替えようと思います。

以上!
[PR]
by saru_tra | 2015-04-15 17:17 | 日々 | Comments(0)

やっと今年のオキナワトゲオトンボを見つけた

昨日は久しぶりに名護岳林道の湧水へオキナワトゲオトンボを探しに行ってきた。
もう四月も十日を過ぎたしあったかい日が数日続いたので、さすがに出てきているだろうと。

d0240983_7403139.jpg
最初に見つけた未成熟の雄!
見つけるのにとっても時間がかかった。

やっぱり湧水は水量が減ったままで、いつもなら水がひたひたになっている道路上はからっから。

陶器の龍の頭周辺はまだ水があるので、その周辺を中心に探したらやっと見つけたという感じ。

d0240983_7451635.jpg
そしてそのすぐ脇の岩のところで殻から出てきたばっかりのを発見。
最初は全く気づいていなくて、とんぼとはわからなかったのです。

もっと早く気づいていれば、殻から出ている途中でも見られたかもしれないのだけれども。
ヤゴを見慣れていないからかなあ。
羽化する瞬間を見つけるには、まずはヤゴを見つけられるようにならないと無理だね。

d0240983_7503746.jpg
しばらくするとしっかりと羽も腹部も伸びきった。
あんなにこてっと固まった羽が本当にちゃんと開くんだ。

腹部が伸びるのがちょっと遅くって曲がっていたりもしたので、ひょっとして気づかずに触れてしまったせいで伸びなくなっちゃったのかとどきどきしてしまった。
綺麗に伸びきってくれて、ほっとしました。

まだ腹部が短い状態でも尾っぽの先にあるとげっとしたのがちゃんと目立っていたので、なんだか感動した。
以前羽化直後の雌は見つけたけれど、雄は始めて見たから。


d0240983_7593441.jpg
あとは、しっかり羽の先っちょが黒ずんだ雄。

周囲を探し回ったけれど、この一匹だけしか見られなかった。

こいつもふらっと目の前に出てきた後は藪の中に去っていってしまったし、まだちゃんと縄張りを持つには早い時期なのかな?
ひょっとしたら道路がすっかり乾いてしまっているので出てこないだけかもしれないけれど。

d0240983_8155616.jpg
これから先また雨が多くなれば水量は戻ってくれるのか。
それとも上のほうで根元から木が倒れた影響で、水の流れが変わっちゃったりした可能性もあるのかな。

もしこのまま水量が戻らなかったら、気軽にオキナワトゲオトンボを観察できる場所ではなくなっちゃうのかなあ。
そうなってしまったら、ちょっと寂しいね。


d0240983_817162.jpg
なんか綺麗なカタツムリがいたので撮ってみた。

それほど大きくは無いのだけれど、存在感のあるヤツだったので。

d0240983_818720.jpg
帰るときに気づいた、車にいつの間にかひっついていたヤツ!
体長5cm以上ありそうなシャクトリムシ。
以前奥与那林道ですだれのようにぶら下がっていたヤツ。

やっぱりでっかい。
そしてそろそろ大量発生する時期なんだろうなあ。
気をつけないと!



[PR]
by saru_tra | 2015-04-11 08:23 | 日々 | Comments(0)

今日の長浜ダムのとんぼたち

仕事をしなくなってから二ヶ月ほどがたった。
数日前に久しぶりに体重計に乗る機会があり現在の体重を確認すると、最後にはかってから三キロ、ベストの体重からは五キロも増えていた。
仕事をしていたときは座りっぱなしの事務ではあったけれど、通勤だけでもそれなりの運動にはなっていたのかもしれない。

将来のことが恐ろしくなったので、今日は散歩がてらに長浜ダムへお出かけしてきた。
結局散歩はほとんどせずにとんぼ撮影会になってしまったけれど。

洪水吐き下の川に沢山のヒメイトトンボが生息していることを知ってしまったので、とにかく覗き込まないと気がすまなくなってしまったのです。

d0240983_1729288.jpg
ちゃんと白くなった雄のコフキヒメイトトンボを見つけることができた。

道路側溝だとわらわらと見つけられたものだけれど、広い場所だとほとんど見つけられない。

やっぱりコフキヒメイトトンボのメインの棲み処は道路側溝のほうなのかもしれない。

d0240983_17321535.jpg
未成熟のコフキヒメイトトンボの雄。

目の上がまだ茶色いので、羽化して間もなくなのかもしれない。

尾っぽのさきっちょがわさっと広がっていてちょっと変。

何なのかしら。

d0240983_17352863.jpg
ヒメイトトンボはたくさんわらわらと見つけられた。

これまでは偶然一匹見つけられればいい方だったので、うれしくてしかたない。

やっとちゃんとした生息場所がわかってよかった!

d0240983_17375867.jpg
ヒメイトトンボの雌もたくさんいた。

ぱっと見ではヒメかコフキヒメか見分けがつかないので、できる限り真横から撮るようにがんばってみた結果。
撮ることの出来た雌はみんなヒメイトトンボだったびっくり。

腹部が曲がってしまっているけれど、元気に食事をしていた。

d0240983_1743262.jpg
あとは、今年初撮影のベニトンボの雄。

遠かったのでもんやり。

途中でベニトンボの雄と雌が乱入してきたのだけれど、近くにいたタイリクショウジョウトンボに追い払われてしまった。

邪魔しないでほしいね!


ダムの辺りはどんどんとんぼの数も増えてきている。
林道周辺もはやくにぎやかになってほしいなあ!
[PR]
by saru_tra | 2015-04-05 17:51 | 日々 | Comments(3)

海洋博記念公園でお散歩してきた

d0240983_1092782.jpg
1日に、ちょっと遠出をして海洋博でお散歩しながらとんぼ探しをしてきた。

ここしばらくの沖縄はとっても晴れていてあっつい。

ちょっと霞んだ感じの空ではあったけれど、伊江島たっちゅ~も良く見えた。

d0240983_10104889.jpg
今まで存在を知らなかったスイレンの池を中心に散策。

結構上のほうにある池から川というか滝というか、流れがずっと続いてきていて、その水の行き着く場所。

d0240983_10125290.jpg
池の中には飛び石や白い橋があって、気分良く散歩できる。

ギンヤンマがたくさん飛び回っていたし、池の中には羽化後のでっかいヤゴの殻が幾つも浮いていた。

他にもタイリクショウジョウトンボ、コモンヒメハネビロトンボ、ハラボソトンボ、アオモンイトトンボ、ムスジイトトンボを見つけられた。

d0240983_10171162.jpg
紫やピンクの花が多い中、あまり見かけたことの無い黄色の花を発見。

池の中ではあまり見られなかったのだけれど、華やかさのある色のほうを好んで栽培されているのかもしれないね。

d0240983_10225861.jpg
種類はわからないけれど、池のあちこちに浮いていたかえるの卵。

ちっこいおたまじゃくしもわらわらと泳いでいた。


あとはやたらと巨大なおたまじゃくしも結構たくさん泳いでいたし、ぶも~っていう鳴き声も聞こえていたので、ウシガエルもいるのかもしれない。

d0240983_1030249.jpg
アオモンイトトンボは、青い雌を発見。

やっぱり撮影してからじゃないと気づかないんだよね。

それとも行動を観察したらわかるようになるものだったりするのかな?

専門家の人たちはすごいと思う。

d0240983_10303362.jpg
こちらはとっても遠くってどんなにがんばってもぶれぶれのもんやり写真になってしまった。

連結して産卵しているし、雄の腹部上面に青い線が見えるからムスジイトトンボでいいと思う。

今年初のムスジイトトンボ撮影成功!


帰路の途中に名護岳林道へも立ち寄ってみたけれど、まだオキナワトゲオトンボの姿は見つけられなかった。
今年の三月は寒かったからなのか、湧水の水量が減ってしまっていたせいなのかわからないけれど。
早く姿を見つけて安心したい!
[PR]
by saru_tra | 2015-04-03 10:41 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

301 Moved Pe..
by Manueljeags at 17:00
カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51

検索