<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ここしばらくのまとめの日記

前回のDとら出動時に腰を痛めてから、良くなるまで一週間ほどかかった。
良くなった後もすぐには出動する気にはなれず、コンテととんぼ探しばかりしていた。

d0240983_641341.jpg糸満でコフキトンボがいそうな場所を物色してみたけれど、その日の天気が良くなかったのか強風が吹きまくりでとんぼ自体ほとんど見られず。

ついでにヒメイトトンボの交尾を見られないかと立ち寄ってみた平和創造の森公園の池でも特に成果は無し。
以前沢山見られたギンヤンマやタイワンウチワヤンマも全く見られず、そのかわりハネビロトンボが増えていた。


早起きして遠出してみた日は大宜味から国頭辺りをうろついてみた。
大宜味村喜如嘉集落の水田地帯でシオカラトンボが確認できたという、十年ほど前の『水田に依存するトンボの生息実態調査』の報告内容をみつけたので行ってみたのだけれど、ハラボソトンボ、タイリクショウジョウトンボ、ベニトンボ、ウスバキトンボ、オオハラビロトンボをみつけただけで、シオカラトンボはみつけられなかった。
d0240983_643502.jpg次に行ってみた国頭村森林公園の辺土名湖の橋はすっかり壊れてしまっていて立ち入り禁止だった。

上空を飛びまわるとんぼもハネビロトンボばかり。

遊歩道沿いでみつけたバッタは、なんていう名前かわからないや。

辺土名湖ががっかりだったので大国林道へも行ってみた。
奥間側の湧水ではヤンバルトゲオトンボの姿が見られなくなっていた。
オオシオカラトンボの数も、以前より少なかった気がする。
比地奥間間の淵では復旧工事が始まったらしく、通り抜け出来ませんという案内板があったので訪問を諦めた。
本当はこの時期のリュウキュウルリモントンボの雌の色を確認してみたかったのだけれど、仕方がないね。
d0240983_6432355.jpgd0240983_6433360.jpg

伊地奥間間の湧水にはヤンバルトゲオトンボがちらほらいたのでほっとした。
まだ姿を消すにはちょっと早い時期だと思うし。
でも雄ばっかり。
今年は雌もほとんどみつけていないし、交尾も産卵も見られないままだったなあ。

あとは名護岳林道の湧水やヨリアゲの池へも立ち寄ってみたけれど、何の成果も得られず。
名護岳林道の湧水は水量がまた減ってしまっていたし、オキナワトゲオトンボの姿も見られなくなっていた。
リュウキュウルリモントンボも雄一匹だけしかみつけられなかったし、オオシオカラトンボも一匹だけ。
今年は全体的に水不足が影響してしまっているのかもしれないな。

ヨリアゲの池ではとんぼはイマイチだったけれど、桜の木の幹にとっても気になるヤツがいて困った。
体長は10cm前後くらいだったと思う。
d0240983_714917.jpgd0240983_7141721.jpgd0240983_7142525.jpgd0240983_714348.jpg

クヌギカレハかマツカレハが近い感じなのかなと思うのだけれど、ネットで画像を調べてみても、こんなに綺麗な色と模様をしたのはみつけられない。
何となく、顔の模様からクヌギカレハの方が近いのかなとは思うのだけれど……
毛虫って難しい!



体調も良くなったし、そろそろDとら出動したいところ。
でも最近ずっと気温がばかみたいに高くって、ためらってしまう。
林道に逃げ込みたいけれど、その林道が遠くって、帰りの暑さを考えると何だか億劫になっちゃうんだよね。
[PR]
by saru_tra | 2015-06-30 07:43 | 日々 | Comments(0)

期待はずれの天気に長浜ダム訪問

今日は買い物などで出かけたついでに長浜ダムにも立ち寄ってみた。
雨の予報だったので土砂降りとか期待していたのだけれど、降ったのはほんのちょっとの時間だけ。
多分十分程度だったんじゃないだろうか。
夜に降る可能性もあるけれど、出来ればそろそろ一日中降り続けるような天気になってほしいところだ。

カメラは持っていかなかったのでとんぼ写真も撮るつもりはなかったのだけれど、初めて見るアオモンイトトンボをみつけてしまったのでケータイで撮影会になってしまった。
左が今日撮ったやつで、右は3月28日に撮ったやつを比較で掲載。
d0240983_1734648.jpgd0240983_1732542.jpg

d0240983_1753553.jpgd0240983_1754829.jpg

d0240983_1755872.jpgd0240983_176784.jpg

今日撮った左のやつは、胸部背面に青い線が足りないし、尾っぽの先っちょの青い色がちょっと欠けた感じで少なめ。
ネットで調べてみると、アオモンイトトンボにも黒化型があるらしい。
今年も去年も一昨年もアオモンイトトンボを沢山みつけたけれど、こういうのは初めて見た。
なのでそんなに数は多くない気がするよ。

残念なのは、ケータイのカメラで撮ったので上手く写せなかったこと。
せっかく真っ黒な背中を撮ったのに、とまっている植物の茎が映りこんだかきつい日差しが反射したかで、一番肝心な場所に線が入って見える。
これからはアオモンイトトンボもちゃんと物色してまわろうと思う。
次こそはちゃんとしたカメラで光の加減も考慮してちゃんとした写真を撮るから!

とっても映りは悪いけれど、比較のために同じ場所で他の雄も撮ってきた。
d0240983_17215881.jpgd0240983_1722849.jpg

光の当たり方は同じだと思うけど、ちゃんと背中の青い線は見えている。
あと、未成熟のオレンジの雌の交尾も、初めて見たんだよね。
カメラを持っていなかったことが、本当に悔やまれました。
やっぱりカメラを持ち歩いていないときには、とんぼポイントには迂闊に近づいちゃだめだね。
それとも常にカメラを持ち歩くか……
[PR]
by saru_tra | 2015-06-20 17:34 | 日々 | Comments(0)

Dとらとはじめての長靴で渓流訪問

昨日はいつもよりちょっと早く、朝五時前に出発して奥与那林道まで行ってきた。
目的は、この前初めてちゃんとうろついてみた畑脇の渓流でオキナワオジロサナエを探すこと。
今度は長靴をはいてうろうろしてみた。

八時前には目的の川に着いたのだけれど、辺りは薄暗くってなかなかとんぼが見つけられなかった。
日差しが入ってきて撮影も出来るようになったのは、九時近くなってから。
長靴だけでなくライトも必要だなと思いました。
d0240983_9193616.jpgd0240983_9194546.jpg

オキナワオジロサナエがどんな場所で羽化するのか知らなかったので、闇雲にうろつきまくってやっとみつけた羽化殻。
多分大きさからも、オキナワオジロサナエのでいいはず!
川の中にごろごろしている石とかコンクリートの破片によじ登って羽化するらしい。

最初にみつけたのは、オキナワオジロサナエの雄。
場所からして、羽化殻を見つけた辺りで羽化していたのだと思う。
d0240983_9284673.jpgd0240983_9285564.jpg

次にみつけたオキナワオジロサナエの雌。
d0240983_9332812.jpgd0240983_9333716.jpg

足元にいたことに気づかず、間近で飛ばせてしまった。
まとわり着くように飛んでリュックの下辺りにとまったので、そのときに羽に触ってしまったのかもしれない。
羽の先端が折れてしまい、かわいそうなことをした。

あとは、はじめて見た羽化間もなくのリュウキュウハグロトンボ。
雄と雌の両方を見つけることが出来た。
d0240983_9361223.jpgd0240983_9362113.jpg

日差しが届かないようなちょっと薄暗いところで発見。
成熟したヤツ等は、日差しがいっぱいに差し込むような場所で飛び回っていた。
もう少ししたら、交尾とか産卵も見放題になりそうな場所だと思う。

その他の生き物たち。
リュウキュウルリモントンボとかリュウキュウハグロトンボとかオキナワオジロサナエとかに混じってアカナガイトトンボがいたのがとっても意外だった。
もっと下流の辺りにいるものだと思っていたから。
自分が渓流って勝手に言ってるだけで、実際この場所はまだ下流に近いくらいの場所なのかもしれないな。
d0240983_9413092.jpgd0240983_9413953.jpg

蛙は脇から合流する非常に小さな流れの辺りに沢山いた。
ということは、蛇もうろつくような場所ってことだろうな。
砂礫が溜まっていてとんぼが産卵に来そうな場所でもあるのだけれど、ハブには気をつけなくっちゃいけないね。
[PR]
by saru_tra | 2015-06-17 09:57 | D-TRACKER | Comments(0)

中南部のとんぼポイントの公園を探してみた

最近は中南部でとんぼを見られる場所を探している。
コフキトンボ探しが主な目的なのだけれど、それ以外にも特に南部ではこれまでとんぼ探しをしてこなかったので。

まずは、中城公園。
公園の上と下の端っこ二ヶ所に小さな池があって、二つの池を結ぶ小川が公園内を流れている。
幅1mくらいでとっても浅いので、小さな子供が入って水遊びすることもできる。
まだ整備途中のようだけれど、公園の周囲には散策路も整備されている。
d0240983_84744.jpgd0240983_8471899.jpg

小川の中にはコフキヒメイトトンボ、アオモンイトトンボ、コシブトトンボ、周囲にはタイリクショウジョウトンボをみつけられた。
d0240983_8504781.jpgd0240983_8505861.jpg

散策路では、上空をオキナワチョウトンボが飛んでいた。
その他にはカミキリムシの仲間、ゾウムシの仲間、蜂の仲間、蛾やちょうちょ。
d0240983_8535433.jpgd0240983_854437.jpg

池の周囲にはギンヤンマも飛び回っていた。
残念なのは、池の近くまでは入ることが出来ないこと。
整備された公園なので仕方が無いとは思う。
池の周囲をコンクリートで固められてしまうよりはマシ。
そのままの環境を是非残しておいてもらいたい。


もう一箇所は、平和創造の森公園
公園内にちょっと大き目の池がある。
池の周囲は石やコンクリートで固められた場所もあるけれど、そこそこ鬱蒼とした環境もある。
d0240983_94671.jpgd0240983_913634.jpg

d0240983_964656.jpg
タイワンウチワヤンマとギンヤンマがとにかくたくさんいた。
北部のとんぼポイントよりも多いんじゃないかと思う。

他に大き目のとんぼは、タイリクショウジョウトンボ、ハラボソトンボ。

鬱蒼とした植物の中には、ヒメイトトンボも発見。
しゃがんで覗き込むだけでみつけられるほど。
植物の背丈も低いし水辺がすぐ足元なので、ヒメイトトンボの観察には最高のとんぼポイントだと思う。
ここなら交尾も見られそう。
d0240983_991874.jpgd0240983_992799.jpg

残念なことは、コフキトンボはいなさそうだということ。
やっぱりもう、ごく限られた場所にしか生息していないのだね。
[PR]
by saru_tra | 2015-06-13 09:14 | 日々 | Comments(2)

Dとらとしつこく探していたとんぼをやっと発見!

昨日は晴れていたので、久しぶりに国頭ツーリングで奥まで北上してきた。
まずはいつものように奥与那林道の水汲み場の滝へ向かう。

d0240983_6231670.jpgその途中、道端で遭遇したキノボリトカゲちゃん。
白いのは脱皮の残りの皮だね。

真剣に死んだフリをしてくれた。
右前足なんて裏返しちゃって、いかにももう死んじゃってますよって感じをよく表現している。
正面顔を撮ろうと回り込んだら、突然ダッシュで逃げて行ったけれど。


d0240983_6233357.jpg水汲み場の滝へ到着すると、もう探すまでもなく大量のオオシオカラトンボ。
交尾も沢山見られた。
そのかわり、ヤンバルトゲオトンボはほとんどみつけられなくって、雄一匹に羽化したてが飛び去るのをちらっと目撃した程度。
リュウキュウルリモントンボも雄一匹のみ。
最近の湧水はオオシオカラトンボに占領されてしまっている感じ。

水を飲みに来たっぽいコノハチョウも足元でじっとしていたので撮ってみた。
でもあんまり木の葉っぽく見えないな。
葉脈模様が薄いね。
d0240983_624513.jpgd0240983_6241498.jpg

d0240983_6311399.jpg
今日の水汲み場の滝上空には、リュウキュウトンボやオオキイロトンボやカラスヤンマも飛び交っていた。

そして偶然とまって休んでいるカラスヤンマの雄を発見!

遠かったのでもんやり写真だけれど、とりあえず撮ることができて良かった。

続いて以前下見した畑脇の渓流に下りてみた。
長靴が無いから本当に入口付近だけだったけれど。
リュウキュウハグロトンボが沢山いて、でっかいとんぼに追い掛け回されたりもしていた。
d0240983_6281572.jpgd0240983_6303919.jpg

d0240983_6345849.jpg
ここではオキナワオジロサナエが沢山羽化していたようだ。
羽がきらきらして白っぽいヤツを三匹発見。
残念ながら逃げられまくってちゃんと撮ることができなかったけれど。

今年はこの場所で雌と交尾と産卵をしっかり撮ってやる!

d0240983_6403191.jpg
Dとらのところへ戻ってみると、頭上にカラスヤンマの雌を発見。
これまでは気づかなかったけれど、結構あちこちで木にとまって休んでいるものなんだね。

とっても遠かったので、飛びまわるヤツと同程度にしか撮れなかった残念!

そして一番の目的の、チイバナ林道へ。
砂防ダムでも、カラスヤンマ、リュウキュウトンボ、オオシオカラトンボ、リュウキュウハグロトンボ、オキナワオジロサナエなどが見られた。
ここで見られたカラスヤンマは羽の先の透明な部分が多い。
d0240983_6462045.jpgd0240983_6463017.jpg

本命のオキナワサナエにも遭えた!
本当にびっくりするような偶然で、やっぱりいないかと諦めていたときに突然目の前の道路上に出現した。
どろっどろの水溜りでちょっとの間産卵してから、間違いに気づいたように砂防ダムの向こうへ飛び去っていった。
d0240983_6472896.jpgd0240983_6473744.jpg

上手い写真を撮ることは出来ていないけれど、遭えただけでもうれしいね。
出来ることならちゃんととまっているヤツをしっかり撮りたいけれど、今年はもうオキナワサナエの季節は終わろうとしているし、来年じっくり探してみよう。

今年はカラスヤンマがかなり多い感じがする。
もうそこいらじゅう飛び回っている感じ。
なので今年は望遠レンズと三脚の使い方をちゃんと練習しなくちゃいけないなと思いました。
[PR]
by saru_tra | 2015-06-10 07:00 | D-TRACKER | Comments(0)

晴れていたけどコンテで漢那ダム辺りを訪問

当初の予定では、今日はDとら出動するはずだったのだけれど。
朝起きて、何となく不安な気分になったので出動は止めた。
ちょっとへこむことがあったりすると、すぐこういう風になる。

なので気晴らしに、コンテで漢那ダムのめだかの学校とヨリアゲの池を訪問してとんぼ撮影をしてきた。

d0240983_170687.jpg
降るときには土砂降っていたからなのか、とんぼの数は少なめ。
植物も、一部が水流で倒されたようになっていたりもした。

目的はコフキトンボとシオカラトンボとホソミシオカラトンボをみつけることだったのだけれど、全くみつけられなかった。

d0240983_1722291.jpg
アオビタイトンボは結構出てきていた。

コフキトンボが混じっていないだろうかと思って片っ端から虫取り網で捕まえてみたけれど、全部アオビタイトンボだったのでした。

やっぱりめだかの学校にはコフキトンボはいないのかな……

d0240983_1743833.jpg
ムスジイトトンボはこのペアだけ何とかみつけられた。

前回見当たらなかったハラボソトンボとタイリクショウジョウトンボは今回も見当たらなかった。

めだかの学校で目ぼしい成果が無かったので、漢那ヨリアゲの森緑地公園の池にも行ってみた。
d0240983_1771481.jpg
はじめて見たギンヤンマの雌の単独産卵。

でもそんなに珍しいことではなかったようだ。

単独産卵するのはリュウキュウギンヤンマだけだと勘違いしていたけれど、他の種類のギンヤンマはどっちもありってことだった。

d0240983_1781599.jpg
あとは、カシワマイマイの成虫を見つけることが出来た。

以前はあんなに沢山の幼虫がいたのに、成虫はこれだけしか見当たらず。

今日は風がとっても強かったから、飛んでいっちゃったのかな?

d0240983_1794527.jpg
顔をしっかりと撮りたかったのだけれど、とにかく風が強くて無理だった。

カシワマイマイちゃんも必死に木にしがみついている状態で、翅がばっさばっさとめくれあがってしまうほどだったから。

次はしっかり綺麗に撮ってあげよう。


今日は本当に風が強くって、ときどきハンドルを取られてしまいそうになるほどだった。
なので、Dとら出動は止めておいて正解だったと思いました。
足つき悪いから、信号待ちのときに強風に吹かれると怖いんだよね!
[PR]
by saru_tra | 2015-06-03 17:19 | 日々 | Comments(0)

南部ドライブで初遭遇のとんぼを発見!

梅雨入りしたはずなのに昨日も晴れていたので、ちょこっと南部へドライブしに行ってきた。
そのついでに、以前から気になってはいたけれどなかなか立ち寄れなかった大城ダムへ行ってみた。
d0240983_64509.jpg
周囲はダムを隠すように鬱蒼とした感じになっていて、大きな道路から見渡すことは出来ない感じ。

周りはフェンスで囲われていて、堤上路も立入禁止。

何とか近づける場所を地図で探して、訪問してみたのでした。

d0240983_66461.jpgその甲斐あって、ずっと探していたとんぼにやっと出会うことができた。

コフキトンボの雌!

遠かったしケータイのカメラしかもっていなかったから、もんやり小さくしか撮れなかったけれど。
フェンスとガードレールの間に結構広い隙間があったから近づけなかったのだけれど、フェンスの中に入らなければ大丈夫だったかもなあと、今になってちょっと後悔。

d0240983_6115312.jpg
強引に拡大しても見づらいだけだけれど、何とか胸部側面の模様は確認できる。

ちゃんと雌の羽を撮り比べてみたいな。

今年は南部にもこまめに通うようにしようっと。


<2015.06.02追記>
大城ダムはフェンスで囲まれており、中に入ってはいけません。
なので、水際まで近づくことも出来ません。
また、周囲は畑地帯で私有地となっている可能性があり、部外者がうろつくのを快く思われていない感じがしました。

とても残念ではありますが、私は大城ダム周辺を訪問するのは止めます。
この記事を見た方にも、訪問をお勧めいたしません。
[PR]
by saru_tra | 2015-06-01 06:16 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

301 Moved Pe..
by Manueljeags at 17:00
カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51

検索