タグ:ダム ( 107 ) タグの人気記事

倉敷ダムのとんぼ観察とダムカード6枚目!

今日はDとら出動はしない日と決めたので家の掃除などをしていたのだけれど、やっぱりそれではつまらないので倉敷ダムへダムカードの様子見がてら、とんぼの観察もしてきた。
倉敷ダムではこれまであまりとんぼ探しをしてこなかったのだけれど、綺麗な池も川もあるのだから、とんぼがいないわけは無いんだよね。

d0240983_21555662.jpg
さっそく右岸側にある池でとんぼ探し。

d0240983_21562392.jpg
今日もスイレンが綺麗に咲いていた。

d0240983_2201982.jpg
この池には、やたらとたくさんのハラボソトンボがいた。

雄と雌の区別はわからない。

d0240983_2157818.jpg
コシブトトンボの雄!

とうとうこいつをちゃんと撮ることに成功した。

大保ダムにいたのだから、倉敷ダムにもいるだろうと思っていたんだ。

多分、漢那ダムにもいるはず。

d0240983_21582622.jpg
コシブトトンボの雌にも出会えた!

d0240983_2232269.jpg
草むらにいた、多分アオモンイトトンボの雌。

d0240983_2253372.jpg
顔の拡大。

何だか目つきがおかしいよ……

どうやら食事の邪魔をしてしまっていたようだ。

d0240983_2241085.jpg
アオモンイトトンボの雄。

こちらは池のところではなくって、左岸側にある水遊びの川付近で発見した。

d0240983_2265580.jpg
こちらも顔の拡大。

なんだろう、とってもつぶらな瞳って感じ!

d0240983_228417.jpg
池のほとりにいたバッタ。

前足で葉っぱの切れ端をもっている。

なんてかわいらしいんだ!

d0240983_2291153.jpg
そして、倉敷ダムカード6枚目!

人物が写った写真を使ったダムカードって珍しいと思うんだ。


やっと6種類をそろえ終わったといいたいところなのだけれど、実を言うと、職員さんが気を利かしてくださってまだ持っていないカードを持ってきてくださったのでした。
ありがとうございました!
[PR]
by saru_tra | 2013-07-25 22:19 | 日々 | Comments(4)

辺野喜ダムのいきものたち

19日と20日は、二日続けて辺野喜ダムを訪れた。
19日はDとら、20日はPingさんとヤンバルクイナ目的で。
同時に、辺野喜ダムにはたくさんのちょうちょや蛾やとんぼやバッタがいたので一緒に激写。
それぞれがなんていう名前なのかは調べられなかった。

19日のFT3でのいきもの写真たち。
d0240983_20103782.jpg
とんぼ

なんていうとんぼかは、わからない。

同じようなとんぼの区別がつけられなかった。

d0240983_20272746.jpg
真っ黒な蝶

羽がびりびり破れてしまっている。

こちらも写りが悪いせいもあって、なんていう蝶なのかはわからない。

<追記>
ナガサキアゲハの雄かもしれない!

d0240983_20394656.jpg
なんだか薄い蝶

「沖縄 蝶」で画像検索をしてみたところ、同じような蝶の画像は一枚も出てこなかった。

羽がちょっと透けた感じで綺麗だったのだけれど。

花粉まみれになっているね。

<追記>
ツマベニチョウの雌っぽい!

d0240983_2042333.jpg
羽の先がオレンジ色の蝶

多分ツマベニチョウ。

比較的警戒心は少なめなのか、結構近くまで寄ってくることもあった。

でも上手く撮れた写真が無かったのは、単なる撮影者の腕のせい。

d0240983_20445739.jpg
羽にオレンジとちょっと白い部分もある蝶

多分シロオビアゲハの雌。多分。

d0240983_21221182.jpg
羽がしゃき~んと垂直になった瞬間を激写。

多分ヒョウモンチョウ。


続いては20日のペンライトさんでのいきもの写真たち。
d0240983_2055317.jpg
羽の白っぽいところが大きくって、白いラインがあって、根元にちょっとだけオレンジ。

ナガサキアゲハかなあ?

d0240983_2112628.jpg
とっても綺麗な色の、かなりちっこい蝶。

多分アオタテハモドキ。

d0240983_20593735.jpg
ただの花の写真ではありません。

左上にちゃんと蛾が写っているのです。

オキナワクロホウジャクというやつではないだろうか。

d0240983_2115082.jpg
おんなじ蛾をもう一枚。

ペンライトさんはしっかり花にピントが合っていて綺麗。

d0240983_2132863.jpg
とってもちっこい黄緑色の蛾。

葉っぱになりきっているつもりなのかもしれないけれど、指を近づけるとこそこそっと枝を回り込んで逃げる。

なかなか面白いやつだった。

d0240983_2171786.jpg
黄緑色のちいさなバッタ。

d0240983_2175076.jpg
あちこちにちいさなバッタがたくさんいた。

d0240983_21144029.jpg
さかさまの蜂!

お尻の青い綺麗な蜂もいたのだけれど、あまりにうろつきすぎるので撮ることが出来なかった。

残念。

d0240983_211682.jpg
再びヤンバルクイナ!

もしかしたら、辺野喜ダムに棲みついているのかもしれないね。

車の音には無反応だったけれど、人の声には敏感だったようだ。

前日と違って警戒されてしまったようで、ほとんど草むらに身を潜めていた。


d0240983_2119338.jpg
最後に、帰り道に立ち寄った羽地ダム。

いつ来ても、居心地の良いダムだと思う。

[PR]
by saru_tra | 2013-07-22 21:28 | 日々 | Comments(0)

大宜味村周辺でとんぼやバッタの写真撮影

一昨日のことだけれど。
とっても天気が良かったので、羽地ダムの日本一周ダムファン写真展を見に行ったついでに大保ダムまで足を伸ばしてきた。
d0240983_22495672.jpg
イギミハキンゾー展望台!

この石の案内板では大宜味村展望広場となっているな。

d0240983_22555749.jpg
古宇利島と伊江島を眺める景色。

d0240983_233466.jpg
ここで見つけたバッタ!

オンブバッタというやつっぽい。

d0240983_2341448.jpg
駐車場には綺麗な花も咲いていて、虫たちもたくさんいた。

ここには頭かくして尻隠さずなヤツが。

d0240983_2351464.jpg
拡大!

多分蛾の仲間ではないかと思う。


d0240983_2302146.jpg
続いては石山展望台でシーサーとつんつんした山を眺める景色。

d0240983_231512.jpg
螺旋階段とたまごのオブジェ?

実際に見るともっと海が近くて綺麗に見えていたのだけれど。

やっぱり写真撮影の技術の無さか。

d0240983_2384899.jpg
ここでのバッタ!

キリギリスっぽいやつだけれど・・・
足が見えないのは気のせいであってほしい。

d0240983_2392594.jpg
更にバッタ!

ツユムシ系のやつ。


次は大保ダムの水辺でたくさんのとんぼたちを激写。

d0240983_2315342.jpg
アオモンイトトンボの雄。

d0240983_23151614.jpg
多分アオモンイトトンボの雌だと思う。

d0240983_23171286.jpg
オレンジ色の初めて出会うイトトンボ!

残念ながらピントが合わなくてこんなのばっかり!

d0240983_23182487.jpg
尻尾がくっきり。

d0240983_23183682.jpg
胴体くっきり。

これらの写真を組み合わせて全体を推測するしかない状態・・・

調べてみたところによると、これはアオモンイトトンボの未成熟の雌らしい。

d0240983_2321756.jpg
コシブトトンボ!

ほんっとうに残念なことに、まったくピントを合わせられないまま逃げられてしまった。

なんていうか、綺麗な青なんだけれど、グロテスクな感じの模様。

d0240983_2322534.jpg
でも不思議で綺麗ではあるんだよな。

本当に、綺麗に写せなかったのが悔やまれる。

d0240983_23241050.jpg
ヒメトンボの雄。

d0240983_23244244.jpg
多分ヒメトンボの雌だと思う。

このとんぼも本当に小さい。

薬指と中指を一緒に写してみた。

3~4cmくらいな感じ。

d0240983_23272823.jpg
多分ショウジョウトンボの雄。

こいつは大きいから、ピントあわせもラクラクだった。

試しにマニュアルフォーカスで撮ってみた。

なかなかくっきり綺麗に撮れたと思うよ!


普通サイズのとんぼたちはそれほど気にならないけれど、イトトンボとかそれくらいのサイズのとんぼは本当にピントが合わせられない。
今回撮った写真のほとんどが、へったくそなピンボケ写真だったよ!
もっとたくさん撮って、上達しなくちゃね。

ところで、とんぼの写真も少しずつ増えてきたから一度まとめてみようかな。
とんぼの名前は正確にはわからないから、なんとなくだけれど。
撮った場所と日時くらいでまとめてみようっと。
[PR]
by saru_tra | 2013-07-16 23:41 | 日々 | Comments(2)

Dとらと奥Ⅱ号線でヤンバルクイナの出待ち!

昨日は久しぶりにとっても晴れたので、朝5:20くらい出発で奥Ⅱ号線へ向かうことにした。
本当は4:30くらいに出発する予定だったのだけれど、単純に寝坊した。
d0240983_21124515.jpg
億首ダムの越流はかなり落ち着いていた。

最近雨が少ないからね。

CSG工法特有と思われる段々になったダムの斜面は、鳥たちの憩いの場になっていたよ。

d0240983_21145985.jpg
いつものように羽地ダム。

のぼり始めた太陽のためにかなり光がきつくって、結構ギラついた風景写真!

駐車場にDとらぽっつ~んなのわかるかな?

さすがに小さすぎるか。

d0240983_21171733.jpg
奥与那林道への進入には、辺野喜ダムから入って辺野喜線を使った。

終点にある植林跡が綺麗に刈られていて、記念碑のようなものがちゃんと見えるようになっていた。

はやしをつくりみずをやしなふ

県道70号沿いのどっかにあった、
「緑の水がめ国有林」だね。

そんな感じ♪

d0240983_21285724.jpg
これまで楚洲林道だと思ってきた道の奥与那林道側入り口に到着。

実はこの道は村道辺野喜楚洲線として建設中らしい。

辺野喜ダム右岸の村道、あの道の延長のようだ。

多分、村道の建設が始まるまでは、この道は楚洲林道だったんだろうと思う。

d0240983_2133675.jpg
入り口には通り抜けできませんとだけあったので、Dとらを待たせて歩きで進入してみた。

広々としていて綺麗な道。

村道だから、林道よりも高規格ってことなのかな?

道路の建設のことはわからないけれど!

d0240983_21364561.jpg
しばらく進んだところで、舗装工事が中断している模様。

d0240983_21375375.jpg
ちょうどこのカーブに差し掛かるところは、とっても眺めが良かった。

二本の風車が見える場所。

この写真では小さすぎてわからないけれど……

そういえば、羽が折れた風車は復活して元気にぐるぐる回っていたよ。

d0240983_2144239.jpg
続いては、伊江Ⅰ号線と奥Ⅱ号線の交差点へ!

この交差点はだだっ広い場所なのだけれど、去年の台風で倒れた大木がそのままになっていて半分くらい占領されてしまっている。

そういう状況だから、生き物もたくさんいるしヤンバルクイナも出てきてくれるんじゃないかなって思っていたのだ。

d0240983_214811.jpg
まずはちょうちょ!

いろんな種類のちょうちょが盛りだくさんだった。

写真をちゃんと撮ることが出来たのはこのおとなしくしていてくれたやつだけだったけれど。

d0240983_21494119.jpg
緑のトカゲ!

周りの緑にうまく同化して、ちょうちょを捕獲する隙をうかがっていたやつ。

幸いちょうちょは間一髪で逃げられたけれどもね。

こいつにとっては残念なことだ。

d0240983_21513985.jpg
ひょろながいトカゲ!

体をくねらせているので、おかしなところから尻尾が出ているね。

こいつのうろこはざらざらした感じで、ワニの仲間っぽい! って感じだった。

ちょっと言い方は悪いけれど、ヤンバルクイナの餌になりそうなやつらはそこそこいた。
でも残念ながら、ヤンバルクイナは出てきてはくれなかった。
以前にはこの場所で鳴き声を聞いたり目の前を横切って行ったものなのになあ。
ちょっと到着時間が遅かったってのもあるかもね。
やっぱり次は、五時前には出発しなくちゃ!

d0240983_2242836.jpg
奥Ⅱ号線には、正体不明の建造物がある。

いっつも気になっているのだけれど、何だろう?

樋みたいなものが結構長く続いていて、谷を渡る場所は写真みたいに柱の上を通る。

川は道路より低い位置を流れていて取水しにくいから、上流からの水路を高い位置に作ったとかかな??

ところで、この写真の角度からのDとらがとってもせくすぃ~と思うのだけれどもやっぱり単なる持ち主の贔屓目なんだろうなあ。

d0240983_22191980.jpg
林道の外へ出るととってもあっつくなったので、今度は奥与那林道の水汲み場の滝へ向かって涼むことにした。

その途中に発見した結構大きな砂防ダム!

この前航空写真を眺めていて、発見した場所。

ちゃんと道から見える場所だった。

d0240983_2224224.jpg
オキナワオジロサナエかな?
多分!

同じ場所に生息しているイトトンボたちと変わらない大きさだけれど、イトトンボの仲間ではない。

d0240983_2226617.jpg
横から。

d0240983_22264599.jpg
下から。

イトトンボと違って、肉食系な感じのトンボらしい顔をしているね。

d0240983_22284057.jpg
大きさ比較のために人差し指を添えてみたけれど、やっぱりへたくそで役に立たってないや。

とにかくとっても小さい。

見つけたときには「うわあちっせぇ~」って言っちゃうよ!

d0240983_2234557.jpgとんぼ撮影に熱中していつの間にか時間が経過しちゃっていたので、帰りは大保ダムに立ち寄ったくらいで一気に帰路に着いた。

嵐の前の静けさなのか、思っていた以上に天気の良い一日だった。





[PR]
by saru_tra | 2013-07-11 22:39 | D-TRACKER | Comments(0)

羽地ダムでカメラのお勉強会

昨日はとっても晴れていたので、Pingさんと羽地ダムへ水遊びと撮影会に行ってきた。
d0240983_2034810.jpg
夏らしいもくもく雲を背負った羽地ダム。

d0240983_20354438.jpg
水が冷たくてとても気持ちよかった。

d0240983_20363821.jpg


初めて見るとんぼがいたのでペンライトさんの撮影練習のために撮りまくってきた。
今回は、絞りについてだけ試してみた。
難しくっていっぺんにわかるようになんて絶対になれないから、一つ一つ覚えていくよ!

d0240983_20372877.jpg
背景ボケ少な目のアカナガイトトンボ。

水の様子がきちんとわかって綺麗。

でもとんぼがちょっと埋もれてしまっている感じだね。

d0240983_20392662.jpg
背景ボケ多めのアカナガイトトンボ。

とんぼがくっきり見える。

でも、周囲の様子がよくわからないなあ。

d0240983_20422644.jpg
ついでにアカナガイトトンボの拡大!

結構細かいところまでちゃんと撮れていたみたい。

FT3では全部お任せでしか撮ったことがなかったから、背景のボケ加減を自由に設定できるというのに戸惑う。
ほんとうは、こうやって設定を考えながら撮るものなんだね。
[PR]
by saru_tra | 2013-06-30 21:08 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省五日目20130617】

6月17日の帰省五日目の午前中はなが~い魚道と堤上路を歩くために美利河ダムまで行ってきた。
雨は降っていなかったけれど、濃霧のために辺りは真っ白だった。
d0240983_20564773.jpg
美利河ダムの重力式コンクリートの部分。

まずは魚道を出来るところまで追ってみる。
魚道だけのパンフレットが作られているほどの規模なのだ。
d0240983_20575021.jpg
低々水路。

水位が高くてわかりづらいけれど、水中に一段掘り下げられて蛇行した水路が作られているのが見える。

d0240983_211341.jpg
ピリカ発電所。

発電所の前辺りから、魚道の下流部分がはじまる。

d0240983_2133987.jpg
階段式魚道。

d0240983_21443.jpg
切り欠きを付けた越流隔壁を階段状に取り付けることで、魚たちが休みながら遡上できるようになっている。

d0240983_216818.jpg
退避プール。

魚たちの休憩場所。

d0240983_2165560.jpg
観察窓。

ちょっと汚れてしまっているためか、あまり水中の様子が見られなかったのが残念。

d0240983_2183248.jpg
人工的な段差ばかりではなくて、自然な感じの部分もちゃんとあった。

d0240983_2192176.jpg
堤体の端っこより先まで行くのはちょっと無理っぽかったので、さらに先の部分はダム事務所の資料室に展示されていたパネルで確認。

さて、ダムの右岸側の端っこに到着したので、次は堤上路を左岸側の端っこまで歩く。
d0240983_21121321.jpg
右岸側はロックフィル。

両側にはチューリップとジュゴンの親子。

d0240983_2114461.jpg
下流側の側面は芝生で覆われている。

d0240983_2115276.jpg
ダム湖側。

それほど大きくない丸っこい石が使われている。

d0240983_21211530.jpg
何かの蓋。

ピリカダムの文字とジュゴンの親子が描かれているのだけれどわかるかな?

ロックフィル部分の両サイドの端っこにあったけれども、何だろう?

d0240983_2124079.jpg
ロックフィルの部分は緩やかなカーブを描いて続いている。

行く道。

d0240983_21241448.jpg
来た道。

d0240983_21322426.jpg
ロックフィルから重力式コンクリートへ。

d0240983_21334171.jpg
重力式コンクリートの部分からロックフィルのつなぎ目を見たところ。

ロックフィルのほうが一段高い。

辺野喜ダムもこんなだったな。
複合ダムはみんなこんな感じになるのかな?

d0240983_2135384.jpg
つなぎ目を横から見た図。

d0240983_21372664.jpg
なかなかの迫力がありますよ。

d0240983_2142666.jpg
下流の風景。
d0240983_2140562.jpg
取水施設?

何だか普通に建物が建っている感じなのが不思議。

d0240983_21434152.jpg
土木学会賞。

詳しいことはまったくわからないけれど、弱い地盤にダムを作るために箱型地下連続壁で補強をするという技術が使われていて、そのような技術が評価されたらしい。

d0240983_21472582.jpg
重力式コンクリートの部分もかっくんと折れ曲がっている。

d0240983_21481742.jpg
左岸側の重力式コンクリートの部分にもチューリップとジュゴンの親子。

d0240983_21495763.jpg
インクライン。

近づいてみることは出来なかった。

d0240983_21504626.jpg
ダム事務所。

入り口から入ると警報音みたいなのが鳴って驚いてしまった。
でも職員さんも来る様子がないし、どうしようかと思ったよ。

しばらくしたら職員さんの一人が通りかかってくれたので、無事に用件を伝えて中に入ることができた。

d0240983_21542094.jpg
ダムカードも無事に入手!


今回は美利河ダムへ来ることだけが目的だったので、目的を果たした後はまっすぐ帰っても良かったのだけれど、せっかくだから寄り道してみた。
d0240983_21564987.jpg
国縫漁港。

d0240983_21572869.jpg
空から見ると、面白い形をしているのがわかるんだけれど……

全国初の「ワイングラス型漁港」なんだそうだ。

d0240983_21581996.jpg
地面からだと、橋でつながっていることくらいしかわからないね。

d0240983_21595015.jpg
漁港の形を模しているんだろう。

何だかかわいいね。


そして最後の寄り道。
d0240983_2213467.jpg
幌別ダム。

d0240983_2221396.jpg
美利河ダムを見た後だと、立ち入りできない物足りなさと規模の小ささが際立ってしまっているけれど。

それでも、今回のダムめぐりの大事なシメを飾るダムなのでした。

[PR]
by saru_tra | 2013-06-26 22:13 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省三日目20130615】

帰省三日目は全日本モトクロスの公式練習と予選があったのだけれど、どうしても二風谷ダムへ行ってみたかったので午前中はダムカードの旅に時間を使うことにした。
そしてついでに周辺に何かないかと調べてみたところ、近くにすずらん群生地を発見!
なので朝4:30出発で千歳を通り過ぎ、二風谷ダムも通り過ぎ、最初にすずらんを見に行ってきた。
d0240983_2144191.jpg
到着すると、非常に残念なことにゲートがしまっていて見ることが出来なかった。

もう見ごろは去ってしまっていた模様。

でもすずらんの甘い香りがあたりに漂っていた。

d0240983_21452716.jpg
道路からかろうじてすずらんたちが見えたので撮ってみた。

白い花がぽつぽつと草の中に見えるのわかるかな!?

見ごろの時期だったら周りの草よりも花のほうが多かったようなのだけれど…

d0240983_214719.jpg
入り口ゲートの足元に結構綺麗な花を一輪発見!

あいにくの雨模様だったけれど、雨に濡れたすずらんもいいよね。


続いては二風谷ダムまで引き返し、結構な雨降りの中全身合羽でダム見学。
d0240983_2153218.jpg
面白いつくりのダムだなあと思う。

d0240983_2154216.jpg
見た目もとっても綺麗。

d0240983_21543677.jpg
ダムの上なのに建物に挟まれた感じなのが不思議。

d0240983_21553457.jpg
きつねとすずらん!

なんてかわいらしいんだ!

d0240983_21561449.jpg
魚道は何だか複雑な感じだったのだけれど、雨がちょっと辛くなってきたのであんまりしっかり見学できなかった。

なので結局どういう造りなのか理解できなかったよ。

d0240983_21581397.jpg
ダム湖の景色は残念ながらもんやりしていて、どの方角を見たらよいのかも良くわからない感じだった。

d0240983_21593415.jpg
そしてダムカードもちゃんと入手。

でもインクラインも撮れなかったし、今回は雨にやられまくった。

絶対今度は晴れた日に来るぞ!


ダムを堪能した後は、千歳まで一気に引き返して12時前にはHOPに到着することが出来た。
d0240983_2231097.jpg
IA1の公式練習をちょっとだけ見ることが出来た。

d0240983_2232252.jpg
午前中はあんなに降っていたのに、午後からは青空が出てきて太陽にじりじり焼かれるくらいの良い天気。

初めてなので、予選を見ながら場所探し。

コース全体が見えるよさげな場所を見つけることが出来た。


予選を見終えた後は、まっすぐ帰るのももったいないのでちょっと寄り道。
d0240983_2273338.jpg
丸山遠見望楼を目指してみた。

d0240983_2282232.jpg
北海道で初めて走る林道!

バイクじゃないけれどもね。

d0240983_2292583.jpg
丸山遠見方面と口無沼方面へ分かれる分岐。

車のドアが開きっぱなしなのは、ヒグマが出たら逃げ込むためですよ。

そして残念ながら、ヒグマが怖すぎて丸山遠見の一歩手前で引き返してきてしまったのでした。

なんかすごい心細かったし、林道の中は急に薄暗い感じになったし、ここでパンクしたらどうする!?
タイヤ交換している時にヒグマが出たら逃げられないし!
なんて思ったらもう先には進めなくなってしまったのでした。

当初は丸山遠見で夕日が沈むの見れたらいいよねって思っていたのだけれど、そんなことしたら帰りは暗闇の中林道を戻らなきゃならないところだよね。
沖縄の舗装林道の感じで、甘く考えていたのでした…

でも、無事帰還できたら結構楽しかったと思えたからいいのさ!
[PR]
by saru_tra | 2013-06-23 22:28 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省一日目20130613後半】

さて、夕張シューパロダムインフォメーションセンターを後にしてからは、下道で千歳へ戻りながらのダム巡りとなった。

清水沢ダム
d0240983_20554667.jpg


d0240983_20562928.jpg


d0240983_20582886.jpg


d0240983_20585456.jpg
でっかい岩がど~ん。

d0240983_20593398.jpg
年季の入りっぷりが何だかいい感じ。

d0240983_20594476.jpg
整然とし過ぎていない感じで、不思議な雰囲気になっている。

d0240983_2131964.jpg
ダムに比べて、事務所の建物は結構きれい。

d0240983_2134299.jpg



滝の上発電所
d0240983_2164681.jpg


d0240983_217576.jpg
建物がとっても綺麗。

d0240983_217206.jpg


d0240983_2195865.jpg
滝の上公園内の渓谷。

航空写真でもはっきりわかる縞模様。

d0240983_21105511.jpg
線路の下にあった橋。

レンガ造りっぽく見えたのだけれど、どうなんだろう…?


川端ダム
d0240983_21121930.jpg


d0240983_21125772.jpg
残念ながらダムの上は立ち入り禁止。

d0240983_21141537.jpg


d0240983_21144631.jpg
出張所は、何だかちょっと親しみを感じるような建物だった。

d0240983_21151845.jpg


d0240983_21153135.jpg
そして、せっかくの夕張だからメロン熊にもちゃんと会いに行ってきたのでした!

[PR]
by saru_tra | 2013-06-20 21:31 | 日々 | Comments(2)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省一日目20130613前半】

6月13日の帰省一日目は、朝7時台の飛行機で那覇空港を出発してほぼ定刻に新千歳空港に到着した。
予定通りにレンタカーを借りて、夕張へ向かう。
目的は、大夕張ダムと三弦橋と夕張シューパロダムの見学とダムカードを入手すること!

事前にネットで調べたところによると、大夕張ダム管理所への旧道は許可をもらわないと入れなさそうだった。
そこで前日に電話で問い合わせをしてみると、なんと、職員さんにご案内していただけることになったのでした!

夕張シューパロダムインフォメーションセンターに到着すると、すでに職員さんたちが待っていてくださった。
そこでヘルメットをお借りし、車で案内をしていただいた。

まずは建設中の夕張シューパロダムへ。

d0240983_2253675.jpg
夕張シューパロダムの工事中の堤上路。

大きなトラックが行きかう中、見学させていただいた。

d0240983_22535650.jpgダムの材料となるコンクリートを作っていた施設。

ダムの建設方法について何も知らなかったので、事前にこんなに大きな施設を作ってから建設を始めるということに驚いた。

沖縄にも完成したばかりの大保ダムがあるけれど建設中は見たことがなかったし、完成後はこのような施設は撤去されてしまったのだろうな。

d0240983_22561499.jpg
夕張シューパロダムの下流に建設中の、新しい発電施設。

d0240983_2257440.jpg
出会い橋から望む夕張シューパロダム。

d0240983_22574356.jpg
夕張シューパロダムの堤内を通る仮の排水路と、手前には福ダム。

四つの仮の排水路は、建設中でも大夕張ダムを活用できるようにするための工夫とのこと。

d0240983_22594584.jpg
大夕張ダム管理所付近からの二つのダムの全景。

高さの違いが良くわかる。

水面すれすれのように見える手前のが大夕張ダム。

d0240983_2313374.jpg
夕張シューパロダムの連続サイフォン式取水施設。

水位が変動しても、水面付近の水温が低くない水を取水できるようになっているとのこと。

続いては大夕張ダムの写真たち。

d0240983_234251.jpg
夕張シューパロダムの堤上路から見下ろした大夕張ダムとシューパロ湖。

d0240983_236812.jpg
二つのダムに挟まれてしまった発電施設は、まだ活躍中。

d0240983_2365869.jpg
大夕張ダム管理所。

d0240983_2372837.jpg
この建物は、水没させずに取り壊されてしまうそうだ。

水没させてくれたらいいのにって職員さんが言っていたのが、印象に残った。

d0240983_239617.jpg


d0240983_2392093.jpg


d0240983_2393933.jpg


d0240983_2395117.jpg
役目を終えようとしているものたち。

d0240983_23104376.jpg
すでに役目を終えてしまったものも。

d0240983_2313019.jpg
そして、取り壊さずに水没させることで保存されることになるという三弦橋。

(夕張市:平成24年9月に「夕張シューパロダム湖周辺の橋梁群とその景観」を市指定文化財に指定)

d0240983_23143919.jpg
今後は数年に一度の渇水時にのみその姿がみられることになるらしい。

d0240983_23302316.jpg
こちらも林道とともに水没する白銀橋。

付け替えの林道工事のための工事車両が行き来していた。

d0240983_23225836.jpg
建設中の新しい橋。

こちらも川の上のところはアーチになっていて綺麗。

d0240983_23235782.jpg
新しい橋の全景。

橋のつくりはよくわからないけれど、まっすぐなのとアーチがくっついていて面白い構造だと思った。


d0240983_23374031.jpg
そして二つのダムのダムカードもちゃんといただくことができた。

次に訪れるのはきっと夕張シューパロダムが完成したあとだね。


この後は清水沢ダムや川端ダムへも行ったのだけれど、一度に日記を書くのは疲れるので後半にまわそう。
[PR]
by saru_tra | 2013-06-19 23:40 | 日々 | Comments(0)

よへなあじさい園に行ってきた

昨日のことだけれど、Pingさんと本部町伊豆味にある『よへなあじさい園』に行ってきた。
梅雨入りした沖縄だけれど、昨日は雨も降らず午後には晴れ間が見えるほど良い天気になった。

d0240983_20281415.jpg
斜面一面に、あじさいや他にも色とりどりの花たちが満開だった。

d0240983_20293820.jpg
あじさい越しに、乙羽岳方面を望む景色。

d0240983_20304774.jpg
全体にまるっこい花も良いのだけれど、自分の好みはガクアジサイだった模様。

d0240983_2031133.jpg
あじさいの色って本当に不思議。

ちょっとずつ変化する感じ。

d0240983_20314579.jpg
花びらも重なってるのとか。

d0240983_2032682.jpg
とがったやつとか。

d0240983_20422863.jpg
あじさいの種類もとっても多かったけれど、それ以外の花もたくさんたくさん咲いていた。

多分ばら。

d0240983_20434968.jpg
スイレン。

d0240983_20441321.jpg
こいつは何だろう?

そもそも本当に花なんだろうか……

d0240983_2047616.jpg
そして!

これだけ植物がいっぱいだと当然他の生き物たちも。

d0240983_20451246.jpg
緑色のカタツムリは珍しいような気がするよ?

d0240983_2047528.jpg
ずっと捜し求めていた赤いイトトンボとも、こんなところで遭遇。

やっぱり、今まで出会えなかったのは季節が違っていたせいだったのかもね。

とってもながいやつ。
d0240983_20492340.jpg


d0240983_20555588.jpg
昨日の億首ダム。

土砂降りの翌日だったので、すごい勢いで越流していた。

[PR]
by saru_tra | 2013-05-19 21:06 | 日々 | Comments(2)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索