タグ:旅行 ( 17 ) タグの人気記事

レンタカーで道央ダムカードの旅一日目【2016.05.17】

二月下旬になんとなく航空会社のチケット検索をしていたところ、五月の沖縄北海道直行便で驚くほど安いチケットを発見。
ちょうど五月いっぱいまでは息抜きをしようと考えていた時期だったので、帰省がてらにダムカードの旅を計画した。
一番の目的は、完成した夕張シューパロダムを訪問すること。
そしてせっかくなので、まだ訪問したことのないダムカードを配布しているダムもまわることにした。
16日は移動に費やし、千歳のホテルに一泊。
そして翌日17日の朝イチに南千歳でレンタカーを借り、ダムカードの旅一日目開始。

一か所目、夕張シューパロダム。
前回の訪問時は工事中でダム事務所にも近づけなかったけれど、今回はちゃんとアンテナ撮影にも成功!
三弦橋も白銀橋もすっかり水没してしまい、ずいぶん高い位置にあったはずの新白銀橋のアーチは水面間近になっていた。
d0240983_1619478.jpgd0240983_16191655.jpg

d0240983_16193312.jpgd0240983_16194569.jpg

d0240983_1620695.jpgd0240983_16201789.jpg


二か所目、桂沢ダム。
前回の夕張訪問時、あとちょっと時間があれば行けるのにと悔しい思いをしたダム。
今回はしっかりと見学させてもらってきた。
天端への道の途中で出会ったキタキツネ。
写真を撮ろうと近づいたら、とっても迷惑そうな顔をされてしまった。なんかごめん。
d0240983_16311628.jpgd0240983_16312627.jpg

d0240983_16313757.jpgd0240983_16314568.jpg

d0240983_16315957.jpgd0240983_1632684.jpg


次のダムへ向かう途中にいくつか立ち寄り。
キムンダム。事前の情報収集が足りなくて、道すがら偶然見つけた。
d0240983_1644192.jpgd0240983_16442635.jpg

芦別ダム。同じく偶然見つけたのだけれど、ダムまではたどり着けなかったので入口の林道看板。
d0240983_16451217.jpgd0240983_16451930.jpg

お昼休憩がてら立ち寄った三段滝。なかなかの迫力でした。
d0240983_1645411.jpgd0240983_16454888.jpg


三か所目、滝里ダム。
ダム事務所がとっても綺麗で、雰囲気の良いダムだった。
とってもでかくて、写真を撮るのも大変でした。
あとは、沖縄には居ない、初めて出会ったクジャクチョウ。綺麗だね。
d0240983_16501139.jpgd0240983_16501925.jpg

d0240983_16502690.jpgd0240983_16503872.jpg

d0240983_16504771.jpgd0240983_1650541.jpg


道すがら再び立ち寄りでジェットコースターの道など!
みなさまが撮っているような迫力のある綺麗な写真は自分じゃ撮れないけれど、通り抜けただけで満足。
d0240983_17153934.jpgd0240983_17154751.jpg

d0240983_1716121.jpgd0240983_1716932.jpg

美瑛の聖台ダム。
ここも事前の情報収集していなくて、偶然見つけた。曲線がとっても綺麗でした。
d0240983_1720674.jpgd0240983_17201348.jpg


四か所目、忠別ダム。
一日目の最終ダムなので、ちょっと日が傾き始めてさみしい印象。
しかも当初の予定と道を間違えて、左岸の駐車場へ行くはずが右岸のダム事務所側に行ってしまった。
洪水吐きの付近では何か作業もしていたのでなんとなく近づけず、あまり写真も撮っていない。
でも今回のダムの中では一番でかく感じたダムでした。
d0240983_17253075.jpgd0240983_17254310.jpg

d0240983_17255023.jpgd0240983_17255882.jpg

d0240983_1726926.jpgd0240983_17261620.jpg



出発前には、一日目は雨が降るかもしれないということで心配していたけれど、実際は当日の早朝には雨が上がってくれて、とっても良い天気の中でダム訪問をすることができて良かった。
[PR]
by saru_tra | 2016-05-24 16:38 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省五日目20130617】

6月17日の帰省五日目の午前中はなが~い魚道と堤上路を歩くために美利河ダムまで行ってきた。
雨は降っていなかったけれど、濃霧のために辺りは真っ白だった。
d0240983_20564773.jpg
美利河ダムの重力式コンクリートの部分。

まずは魚道を出来るところまで追ってみる。
魚道だけのパンフレットが作られているほどの規模なのだ。
d0240983_20575021.jpg
低々水路。

水位が高くてわかりづらいけれど、水中に一段掘り下げられて蛇行した水路が作られているのが見える。

d0240983_211341.jpg
ピリカ発電所。

発電所の前辺りから、魚道の下流部分がはじまる。

d0240983_2133987.jpg
階段式魚道。

d0240983_21443.jpg
切り欠きを付けた越流隔壁を階段状に取り付けることで、魚たちが休みながら遡上できるようになっている。

d0240983_216818.jpg
退避プール。

魚たちの休憩場所。

d0240983_2165560.jpg
観察窓。

ちょっと汚れてしまっているためか、あまり水中の様子が見られなかったのが残念。

d0240983_2183248.jpg
人工的な段差ばかりではなくて、自然な感じの部分もちゃんとあった。

d0240983_2192176.jpg
堤体の端っこより先まで行くのはちょっと無理っぽかったので、さらに先の部分はダム事務所の資料室に展示されていたパネルで確認。

さて、ダムの右岸側の端っこに到着したので、次は堤上路を左岸側の端っこまで歩く。
d0240983_21121321.jpg
右岸側はロックフィル。

両側にはチューリップとジュゴンの親子。

d0240983_2114461.jpg
下流側の側面は芝生で覆われている。

d0240983_2115276.jpg
ダム湖側。

それほど大きくない丸っこい石が使われている。

d0240983_21211530.jpg
何かの蓋。

ピリカダムの文字とジュゴンの親子が描かれているのだけれどわかるかな?

ロックフィル部分の両サイドの端っこにあったけれども、何だろう?

d0240983_2124079.jpg
ロックフィルの部分は緩やかなカーブを描いて続いている。

行く道。

d0240983_21241448.jpg
来た道。

d0240983_21322426.jpg
ロックフィルから重力式コンクリートへ。

d0240983_21334171.jpg
重力式コンクリートの部分からロックフィルのつなぎ目を見たところ。

ロックフィルのほうが一段高い。

辺野喜ダムもこんなだったな。
複合ダムはみんなこんな感じになるのかな?

d0240983_2135384.jpg
つなぎ目を横から見た図。

d0240983_21372664.jpg
なかなかの迫力がありますよ。

d0240983_2142666.jpg
下流の風景。
d0240983_2140562.jpg
取水施設?

何だか普通に建物が建っている感じなのが不思議。

d0240983_21434152.jpg
土木学会賞。

詳しいことはまったくわからないけれど、弱い地盤にダムを作るために箱型地下連続壁で補強をするという技術が使われていて、そのような技術が評価されたらしい。

d0240983_21472582.jpg
重力式コンクリートの部分もかっくんと折れ曲がっている。

d0240983_21481742.jpg
左岸側の重力式コンクリートの部分にもチューリップとジュゴンの親子。

d0240983_21495763.jpg
インクライン。

近づいてみることは出来なかった。

d0240983_21504626.jpg
ダム事務所。

入り口から入ると警報音みたいなのが鳴って驚いてしまった。
でも職員さんも来る様子がないし、どうしようかと思ったよ。

しばらくしたら職員さんの一人が通りかかってくれたので、無事に用件を伝えて中に入ることができた。

d0240983_21542094.jpg
ダムカードも無事に入手!


今回は美利河ダムへ来ることだけが目的だったので、目的を果たした後はまっすぐ帰っても良かったのだけれど、せっかくだから寄り道してみた。
d0240983_21564987.jpg
国縫漁港。

d0240983_21572869.jpg
空から見ると、面白い形をしているのがわかるんだけれど……

全国初の「ワイングラス型漁港」なんだそうだ。

d0240983_21581996.jpg
地面からだと、橋でつながっていることくらいしかわからないね。

d0240983_21595015.jpg
漁港の形を模しているんだろう。

何だかかわいいね。


そして最後の寄り道。
d0240983_2213467.jpg
幌別ダム。

d0240983_2221396.jpg
美利河ダムを見た後だと、立ち入りできない物足りなさと規模の小ささが際立ってしまっているけれど。

それでも、今回のダムめぐりの大事なシメを飾るダムなのでした。

[PR]
by saru_tra | 2013-06-26 22:13 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦で第5戦HOP!【帰省四日目20130616】

6月16日の帰省四日目は、全日本モトクロス選手権第5戦北海道大会の決勝を観戦してきた。
モトクロスのレース自体初めて見に行ったので、要領がわからず。
幸い今回のHOPはとても良い場所だったようで、スニーカーでも平気だった。
いろいろ調べてみると、モトクロスの観戦のときは長靴が普通みたいだね。

d0240983_12533678.jpg
決勝当日は晴天!

レポなんか出来ないし、写真もほとんど撮ることは出来なかったけれど。
多分、撮れた写真はIB2のもの。OPENも混じってるかな?
d0240983_131289.jpg


d0240983_1311621.jpg


d0240983_1312556.jpg


IA1ヨシタカ選手すごかったな。貫禄だね。
まこちんのヒート1の追い上げもすごかったし。ヒート2の表彰台で縁起の良い笑顔も見られたし、やっぱり癒し系のひとだなあ。
そして帰り際には、パドック全然見てなかったなあと思いつつTEAM HAMMERのとこを通り過ぎざまに覗き込んだらそこにいた方は多分ハマー先生だったんだろうなあと思うんだけどどうだろう。
うをってなって、そのまま歩いてきた勢いで通り過ぎてしまったけれど、不審なやつだと思われていなきゃいいな…

帰りはまっすぐ帰ったのだけれど、やっぱりどこにも寄らないのはもったいないのでご近所の橋の風景。
結構深い谷なんだよね。航空写真では平べったく見える程度なのかもしれないけれど!
d0240983_13292877.jpg


d0240983_13294062.jpg


d0240983_13295175.jpg
ご近所では結構な紅葉の名所なのだけれど、新緑の時期も個人的には好きだな。


いままで動画でしか見たことがなかった全日本モトクロスを生で見てしまったら、次もまた見たいなあなんて思ってしまう……非常に危険だ。
でも楽しかった!
[PR]
by saru_tra | 2013-06-25 13:39 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省三日目20130615】

帰省三日目は全日本モトクロスの公式練習と予選があったのだけれど、どうしても二風谷ダムへ行ってみたかったので午前中はダムカードの旅に時間を使うことにした。
そしてついでに周辺に何かないかと調べてみたところ、近くにすずらん群生地を発見!
なので朝4:30出発で千歳を通り過ぎ、二風谷ダムも通り過ぎ、最初にすずらんを見に行ってきた。
d0240983_2144191.jpg
到着すると、非常に残念なことにゲートがしまっていて見ることが出来なかった。

もう見ごろは去ってしまっていた模様。

でもすずらんの甘い香りがあたりに漂っていた。

d0240983_21452716.jpg
道路からかろうじてすずらんたちが見えたので撮ってみた。

白い花がぽつぽつと草の中に見えるのわかるかな!?

見ごろの時期だったら周りの草よりも花のほうが多かったようなのだけれど…

d0240983_214719.jpg
入り口ゲートの足元に結構綺麗な花を一輪発見!

あいにくの雨模様だったけれど、雨に濡れたすずらんもいいよね。


続いては二風谷ダムまで引き返し、結構な雨降りの中全身合羽でダム見学。
d0240983_2153218.jpg
面白いつくりのダムだなあと思う。

d0240983_2154216.jpg
見た目もとっても綺麗。

d0240983_21543677.jpg
ダムの上なのに建物に挟まれた感じなのが不思議。

d0240983_21553457.jpg
きつねとすずらん!

なんてかわいらしいんだ!

d0240983_21561449.jpg
魚道は何だか複雑な感じだったのだけれど、雨がちょっと辛くなってきたのであんまりしっかり見学できなかった。

なので結局どういう造りなのか理解できなかったよ。

d0240983_21581397.jpg
ダム湖の景色は残念ながらもんやりしていて、どの方角を見たらよいのかも良くわからない感じだった。

d0240983_21593415.jpg
そしてダムカードもちゃんと入手。

でもインクラインも撮れなかったし、今回は雨にやられまくった。

絶対今度は晴れた日に来るぞ!


ダムを堪能した後は、千歳まで一気に引き返して12時前にはHOPに到着することが出来た。
d0240983_2231097.jpg
IA1の公式練習をちょっとだけ見ることが出来た。

d0240983_2232252.jpg
午前中はあんなに降っていたのに、午後からは青空が出てきて太陽にじりじり焼かれるくらいの良い天気。

初めてなので、予選を見ながら場所探し。

コース全体が見えるよさげな場所を見つけることが出来た。


予選を見終えた後は、まっすぐ帰るのももったいないのでちょっと寄り道。
d0240983_2273338.jpg
丸山遠見望楼を目指してみた。

d0240983_2282232.jpg
北海道で初めて走る林道!

バイクじゃないけれどもね。

d0240983_2292583.jpg
丸山遠見方面と口無沼方面へ分かれる分岐。

車のドアが開きっぱなしなのは、ヒグマが出たら逃げ込むためですよ。

そして残念ながら、ヒグマが怖すぎて丸山遠見の一歩手前で引き返してきてしまったのでした。

なんかすごい心細かったし、林道の中は急に薄暗い感じになったし、ここでパンクしたらどうする!?
タイヤ交換している時にヒグマが出たら逃げられないし!
なんて思ったらもう先には進めなくなってしまったのでした。

当初は丸山遠見で夕日が沈むの見れたらいいよねって思っていたのだけれど、そんなことしたら帰りは暗闇の中林道を戻らなきゃならないところだよね。
沖縄の舗装林道の感じで、甘く考えていたのでした…

でも、無事帰還できたら結構楽しかったと思えたからいいのさ!
[PR]
by saru_tra | 2013-06-23 22:28 | 日々 | Comments(0)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省一日目20130613後半】

さて、夕張シューパロダムインフォメーションセンターを後にしてからは、下道で千歳へ戻りながらのダム巡りとなった。

清水沢ダム
d0240983_20554667.jpg


d0240983_20562928.jpg


d0240983_20582886.jpg


d0240983_20585456.jpg
でっかい岩がど~ん。

d0240983_20593398.jpg
年季の入りっぷりが何だかいい感じ。

d0240983_20594476.jpg
整然とし過ぎていない感じで、不思議な雰囲気になっている。

d0240983_2131964.jpg
ダムに比べて、事務所の建物は結構きれい。

d0240983_2134299.jpg



滝の上発電所
d0240983_2164681.jpg


d0240983_217576.jpg
建物がとっても綺麗。

d0240983_217206.jpg


d0240983_2195865.jpg
滝の上公園内の渓谷。

航空写真でもはっきりわかる縞模様。

d0240983_21105511.jpg
線路の下にあった橋。

レンガ造りっぽく見えたのだけれど、どうなんだろう…?


川端ダム
d0240983_21121930.jpg


d0240983_21125772.jpg
残念ながらダムの上は立ち入り禁止。

d0240983_21141537.jpg


d0240983_21144631.jpg
出張所は、何だかちょっと親しみを感じるような建物だった。

d0240983_21151845.jpg


d0240983_21153135.jpg
そして、せっかくの夕張だからメロン熊にもちゃんと会いに行ってきたのでした!

[PR]
by saru_tra | 2013-06-20 21:31 | 日々 | Comments(2)

全日本モトクロス初観戦でダムカードの旅【帰省一日目20130613前半】

6月13日の帰省一日目は、朝7時台の飛行機で那覇空港を出発してほぼ定刻に新千歳空港に到着した。
予定通りにレンタカーを借りて、夕張へ向かう。
目的は、大夕張ダムと三弦橋と夕張シューパロダムの見学とダムカードを入手すること!

事前にネットで調べたところによると、大夕張ダム管理所への旧道は許可をもらわないと入れなさそうだった。
そこで前日に電話で問い合わせをしてみると、なんと、職員さんにご案内していただけることになったのでした!

夕張シューパロダムインフォメーションセンターに到着すると、すでに職員さんたちが待っていてくださった。
そこでヘルメットをお借りし、車で案内をしていただいた。

まずは建設中の夕張シューパロダムへ。

d0240983_2253675.jpg
夕張シューパロダムの工事中の堤上路。

大きなトラックが行きかう中、見学させていただいた。

d0240983_22535650.jpgダムの材料となるコンクリートを作っていた施設。

ダムの建設方法について何も知らなかったので、事前にこんなに大きな施設を作ってから建設を始めるということに驚いた。

沖縄にも完成したばかりの大保ダムがあるけれど建設中は見たことがなかったし、完成後はこのような施設は撤去されてしまったのだろうな。

d0240983_22561499.jpg
夕張シューパロダムの下流に建設中の、新しい発電施設。

d0240983_2257440.jpg
出会い橋から望む夕張シューパロダム。

d0240983_22574356.jpg
夕張シューパロダムの堤内を通る仮の排水路と、手前には福ダム。

四つの仮の排水路は、建設中でも大夕張ダムを活用できるようにするための工夫とのこと。

d0240983_22594584.jpg
大夕張ダム管理所付近からの二つのダムの全景。

高さの違いが良くわかる。

水面すれすれのように見える手前のが大夕張ダム。

d0240983_2313374.jpg
夕張シューパロダムの連続サイフォン式取水施設。

水位が変動しても、水面付近の水温が低くない水を取水できるようになっているとのこと。

続いては大夕張ダムの写真たち。

d0240983_234251.jpg
夕張シューパロダムの堤上路から見下ろした大夕張ダムとシューパロ湖。

d0240983_236812.jpg
二つのダムに挟まれてしまった発電施設は、まだ活躍中。

d0240983_2365869.jpg
大夕張ダム管理所。

d0240983_2372837.jpg
この建物は、水没させずに取り壊されてしまうそうだ。

水没させてくれたらいいのにって職員さんが言っていたのが、印象に残った。

d0240983_239617.jpg


d0240983_2392093.jpg


d0240983_2393933.jpg


d0240983_2395117.jpg
役目を終えようとしているものたち。

d0240983_23104376.jpg
すでに役目を終えてしまったものも。

d0240983_2313019.jpg
そして、取り壊さずに水没させることで保存されることになるという三弦橋。

(夕張市:平成24年9月に「夕張シューパロダム湖周辺の橋梁群とその景観」を市指定文化財に指定)

d0240983_23143919.jpg
今後は数年に一度の渇水時にのみその姿がみられることになるらしい。

d0240983_23302316.jpg
こちらも林道とともに水没する白銀橋。

付け替えの林道工事のための工事車両が行き来していた。

d0240983_23225836.jpg
建設中の新しい橋。

こちらも川の上のところはアーチになっていて綺麗。

d0240983_23235782.jpg
新しい橋の全景。

橋のつくりはよくわからないけれど、まっすぐなのとアーチがくっついていて面白い構造だと思った。


d0240983_23374031.jpg
そして二つのダムのダムカードもちゃんといただくことができた。

次に訪れるのはきっと夕張シューパロダムが完成したあとだね。


この後は清水沢ダムや川端ダムへも行ったのだけれど、一度に日記を書くのは疲れるので後半にまわそう。
[PR]
by saru_tra | 2013-06-19 23:40 | 日々 | Comments(0)

飛行機からの景色

今回の帰省ではどこへも行かなかったので、飛行機からの景色が楽しみの一つだった。
天気はあまりよくはなかったけれど、そのためにかえっていろいろな表情を見ることが出来たので楽しかった。

d0240983_20505514.jpg狭間

d0240983_20411634.jpg時化

d0240983_20415062.jpg

d0240983_20421297.jpg赤潮?

d0240983_20423293.jpg雲海に沈む夕日


以上!
[PR]
by saru_tra | 2012-11-26 20:53 | 日々 | Comments(0)

いとこの結婚式で黒部ダム訪問! 帰省4日目20121009

帰省4日目、最終日の信濃大町の空。うっすらピンク色に染まる雲が綺麗だった。
d0240983_210420.jpg

扇沢駅までは、信濃大町駅から出るバスで向かった。宿が満室だったので朝一のバスも混んでいるだろうかと思ったのだけれど、実際は数名しか乗客がいなかった。どうやら宿泊客のほとんどは帰路の途中だったようだ。
d0240983_21425888.jpg

扇沢駅で始発のトロリーバスに乗る。平日だというのに、三台のトロリーバスは満員だった。
d0240983_21443588.jpg

黒部ダムに到着すると、すがすがしい空が広がっていた。
d0240983_2155859.jpg

念願の黒部ダム! とうとう来ちゃいましたよ!

黒部ダム駅を出るとすぐに写真撮影ポイント。シャッター押しますよ! って呼び込み(?)朝からお疲れ様です。
d0240983_217731.jpg

黒部湖。早朝に来て正解だった。とても綺麗な景色。
d0240983_21131310.jpg

黒部ダムの天端。アーチだから、全体を写すのは無理なんだよね。
d0240983_21155039.jpg

黒部ダムカード! まだ残っていて良かった。9640枚作られたらしい。一年経って、あと何枚残っているのだろう。
d0240983_21432932.jpg

新展望広場へ降りて観光放水を見学し、そこから野外階段を使ってダム展望台へ向かった。この階段がとってもきつかった……
ダム展望台から黒部ダムを見下ろす。
d0240983_2129232.jpg

次に地中階段を下りて黒部ダム駅内から登山者道路を通ってダム下を目指した。ダム下へと続く道は思っていたよりも急で、本当に登山道だった。

道の途中で木の上を見上げると、木霊たちが覗いていた。
d0240983_213312.jpg

足元には白きのこ黒きのこ。
d0240983_21334059.jpgd0240983_21335746.jpg

そしてついにダム下の橋に到着。ネットで調べまくっていたときに写真でよく見た、やっと実際に来る事が出来た場所。
d0240983_2138081.jpg

ダム下から望む黒部ダム。とても大きな黒部ダムが、ここからでは小さく見えた。距離が遠いからというわけではなくて……
d0240983_21384612.jpg

再び登山道を使って黒部ダム駅まで戻らなければいけない。来るときは下りだったので難なくやって来られたのだけれど、上りはびっくりする位きつくって、数歩歩いただけで足ががくがくになるほどだった。運動不足だね。
きつい斜面を上りきった時には汗だっくだくになっていたのだけれど、黒部ダム駅に入るまでにはすっかり体が冷えてしまっていた。
おなかもぺこぺこになったので、レストハウスでブランチにダムカレーを食べた。
d0240983_21575440.jpg

くたびれて冷え切った後だったので、カレーの辛さもありがたかった。おいしいダムカレーをさらにおいしく頂く方法として、ダム下への往復は超おすすめかもしれない。

今回の残念なことは、水位低下の為にガルベ船が運休していたことだ。とりあえず船だけは撮っておいた。
d0240983_2244990.jpg

そろそろ帰路に着かなければという最後の最後に、天端からダム下を眺めたときに見た景色。谷に虹がかかっていた。
d0240983_2261892.jpg


黒部ダムを後にしてからは、長野駅から新幹線で東京に向かい羽田空港から那覇行きの飛行機で帰る予定だった。
扇沢駅から長野駅へ向かうバスの中から、かろうじて見ることの出来た小田切ダム! 今度はちゃんと見に来るよ。
d0240983_229036.jpg

長野駅ではちょっと時間があったので、長野電鉄に乗ってみた。権堂まで往復しただけだけれど。行きは普通で帰りは特急で。どっちも乗れてよかった。
d0240983_22132213.jpg


一番不安だった東京での乗り継ぎも何とか上手くいき、無事に飛行機で沖縄に帰る事が出来た。
心配だったDとらも、ちゃんとお留守番していてくれた。
これが一番ほっとした。

おしまい。
[PR]
by saru_tra | 2012-10-17 22:23 | 日々 | Comments(0)

いとこの結婚式で帰省2~3日目20121007~08

帰省1日目の夜は実家で就寝。そして帰省2日目の今日の空はとっても晴れていた。
d0240983_2112717.jpg

ひさ~しぶりに帰った実家の庭の木々は、更に巨大化していた。
自分が小学生の頃、出来立ての庭に植えられた木々はまだ身長の小さかった自分よりも低かった。
実家を離れる頃にはかなり大きくなっていたけれど、それから更に月日が流れて今では鳥達の憩いの場になっている。
鳥達を眺めながらのんびりと仕度をして、いとこの結婚式へ向かった。
とっても素敵な結婚式でしたよ! カメラマンは弟にお任せしたので、自分では撮らなかったけれど。

帰省2日目の夜はホテルにお泊り。そして帰省3日目の空はとっても綺麗な朝焼けの晴天だった。
d0240983_21223988.jpg

オージ、いただきました! 泊まった部屋からばっちり見えたのでなんとなく。
d0240983_21233126.jpg

朝ごはんの時にはアイスホッケーの女の子達がたくさんいた。試合があったのかな。なんだか元気をもらったよ。

そのあと、いったん実家方面へ帰ってから高速道路で空港へ向かった。そのときに見えた樽前山。
d0240983_2127459.jpg

とっても好きなのでいつも眺める山。子供の頃、プリンアラモードの皿に乗っかるプリンみたいって思ってからプリン山と呼んでいる。誰に言っても共感してはもらえないのだけれど……

新千歳空港から松本空港への旅立ち。
着陸前に空から見た松本空港周辺の山々は、初めて見る大きさ。本当に、生まれて初めての景色だった。
ほとんど旅行なんてした事のないヤツだから、行ったことのない場所ばかりなのです。
内地の人たちは、あんなに壮大な景色を見慣れているのだね。ちょっとうらやましい。

帰省3日目の夜の宿がある信濃大町へは、バスと電車で移動した。
松本空港から松本バスターミナルへ向かう途中で見た空。
d0240983_21435145.jpg

虹というよりも、彩雲というのだろうか? とっても綺麗だった。

つづく
[PR]
by saru_tra | 2012-10-15 21:48 | 日々 | Comments(0)

いとこの結婚式でダムカードの旅 帰省1日目20121006

帰省一日目の朝はとっても早かった。朝3:30には起床して五時前のバスに乗って羽田空港へ向かった。
前日にとちったおかげで、朝はちゃんとバスに乗れた。
でも今度は行きたいターミナルビルではなかったので再び焦ってしまった。どうやら深夜早朝便は勝手が違うらしい。
ターミナルビル間を結ぶ無料バスがあるとのことで、とりあえずまわりの人についていって何とか乗り換えすることが出来た。
d0240983_1959139.jpg早朝の羽田空港は、霧に包まれていた。

無事に飛行機に搭乗し、10分遅れで新千歳空港に到着した。
レンタカーカウンターは、連休初日だからか結構な混雑具合だった。予定より30分以上遅れてのダム巡り開始となった。

まずは漁川ダムを目指す。千歳・恵庭の市街地をひたすら進んだんだと思う。そして道道117号へ入った。その道沿いで見た恵庭市民スキー場が、何だか羨ましかった。
d0240983_2071843.jpg北海道ダム巡りの今日の空。
朝の漁川ダムの空はとっても晴れていた。

d0240983_20184413.jpg漁川ダムは支笏洞爺国立公園内にある。緑が多くて周辺も綺麗に整備された、雰囲気の良いダムだった。
ダム湖はえにわ湖。
漁川ダム展示室はとても綺麗で楽しく見学できた。生息する昆虫達の標本が結構よかった。嫌がる人もいるけれど、自分はこういうのが好きなんだよなあ。

d0240983_20191054.jpg堤体は芝生に覆われているけれど、ロックフィルダム。景観に配慮しているのだとか。

d0240983_20451452.jpg漁川ダムカード!
ここでは展示室内にダムカードが置いてあって、ご自由にお取りくださいとなっていた。

続いて道道117号から国道453号へ出て北上し、途中から国道230号へ抜けて豊平峡ダムを目指した。
d0240983_20564624.jpg豊平峡ダムまでは冷水トンネル前にある冷水駐車場に車を止めて、ハイブリッド電気バスに乗って行った。
時間があれば歩くのもよさそうだったけれど、今回は時間に追われる旅なので歩くのはやめておいた。
途中、冷水トンネルと豊平峡トンネルの間では千丈岩や九段の滝を眺める事も出来た。
ダムに架かるカムイ・ニセイ橋も面白い。
ダム湖は定山湖。

d0240983_2057234.jpg自分にとって人生初のアーチダム!
減勢工もアーチ型なんだね。これがとってもかわいかった。

d0240983_20571997.jpg豊平峡ダムカード!
ダム資料館がお休みだったのでダム事務所で貰ったのだけれど、インターホンを鳴らしてくださいとの案内があった。更に、不在のときは勘弁してねっていう内容も。
まさかもらえないんじゃないかって不安になったけれど、ちゃんともらえたので一安心でした。

ここからは、来た道をちょっとだけ戻るような感じで定山渓ダムを目指した。
ナビに従って行ったら、見事に遠回りさせられそうになった。事前に定山渓ダムまでのルートを動画でチェックしていたから、遠回りせずに済んだ。動画の人に感謝!
d0240983_21172920.jpg定山渓ダムは、ダム下が綺麗な公園になっている。ダム資料館もとても立派だった。

d0240983_21174762.jpg定山渓ダムはとても大きなダムだった。こんなダムを下から見上げられるっていいね。すごい迫力。
資料館の横から堤頂部まで歩いて行けるのだけれど、この階段がとてもきつかった。
考えてみれば、ダムの高さを上るのだから当たり前なんだよね。

d0240983_21181032.jpg定山渓ダムカード!
定山渓ダム事務所は閉まっていたのだけれど、ダムカードは資料館でもらえた。

d0240983_21361383.jpg定山渓ダムの上は道道1号定山渓レイクラインが走っている。
その歩道で見つけた植物。
丁度雨が降り出した頃だったので、雨に濡れて綺麗に見えたので撮ってみた。

d0240983_21385344.jpg朝は青空だったのに、駐車場にたどり着く前にかなりの土砂降りになってしまっていた。
ずぶ濡れにはならなかったけれど、ぺらっぺらの合羽一枚だけだったので体力的にも精神的にも結構消耗してしまった。

ここからどのルートで帰るかちょっと悩んだ。札幌方面へ迂回して小さなダムを見ながら羊ヶ丘へ立ち寄るか、漁川ダムへ来た道を戻りながら来る時素通りしてきた滝を見学するか。
結局、雨でぐったりした状態で札幌方面へ行くのはしんどそうだったので、もと来た道を戻る事にした。
途中でしっかり休憩を取って、あったかい食べ物と飲み物も調達した。

道道117号沿いにある滝たち。そのうち三つを見学できた。
d0240983_21471776.jpgラルマナイの滝

d0240983_21473176.jpg白扇の滝

d0240983_21475238.jpg三段の滝

d0240983_2148964.jpg最後に、北海道ダム巡りの今日の夕日。
南千歳駅前にて。


今回始めて北海道の道をまともに車で走った。家の比較的近所は以前に一度走ったことはあったのだけれど、道道117号はとっても快適で気持ちの良い道路だった。周囲の自然も綺麗だった。いつかバイクでも走ってみたいな。

そしてこのあと、無事に実家まで帰ることができましたとさ。

つづく
[PR]
by saru_tra | 2012-10-12 21:59 | 日々 | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

わたくしごとにっき
at 2017-09-05 15:46
Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索