タグ:D-tracker ( 108 ) タグの人気記事

Dとらと名護岳林道へちょこっとツーリング

今日の天気は曇りと雨マークだったので、当初の予定だった大国林道の比地側湧水訪問は取りやめにして名護岳林道で『オキナワトゲオトンボの雌探しと羽化の観察に挑戦!』をしてきた。

朝はちょっと遅く、六時前くらいに出発。
七時くらいには名護岳林道の湧水に到着した。
去年は朝八時前だとなかなかとんぼを見つけられなかったのだけれど、今日はオキナワトゲオトンボもリュウキュウルリモントンボも早朝から元気に飛び回っていた。

d0240983_1421193.jpg
とりあえず、ツーリングのつもりで来たのでDとら湧水と記念撮影!

d0240983_143980.jpg
リュウキュウルリモントンボはDとらのすぐ横にちょこんととまっていた。

成熟した雄。
いつ見ても綺麗な色だなあと思う。

今日はこの一匹だけしか見つけられなかった。

d0240983_145279.jpg
そして!
今日はオキナワトゲオトンボの成熟した雌も見つけることができた。

湿った場所からちょっと離れた草むらの中に、隠れるようにしていた。

この周囲にはまとめて四匹の雌がかたまっていたのだけれど、たまたまなのか何か理由があるのかはわからない。

d0240983_148596.jpg
これまでにもうたくさん雄を撮っているけれど、今日も念のためにというか理由があって撮影。

d0240983_1495876.jpg
それは、この雄を見つけたから。
色だけ見ると雌のようでもあるけれど、腹の形状から雄でいいと思う。

上の雄と比べるまでもなく、腹と羽が伸びきっていない。
羽化に失敗してヤゴの殻から出切れなかったのか、出た直後にどっかに嵌ってしまった感じなのだろうか?

見つけてから一時間後くらいに再度探し回ったのだけれど、もう見つけることはできなかった。

今日見つけた他の雄も腹が曲がっているのがいたし、雌にも羽がくしゃっと歪んでいるのがいた。
これだけたくさんいると、中にはそんな個体もいるのが普通なのかな。

d0240983_14214662.jpg
そして九時をまわったくらいから、羽化直後のがちらほら見られ始めた。

到着直後からしゃがみこんであちこち覗きまわったのに、ヤゴは全く見つけられていなかった。
なので湿った天気の日には羽化しないのかなとまで思っていたのだけれど、単に見つけられなかっただけだったようだ。

こんなにちっちゃな葉っぱの裏っかわに隠れてるんだもんね。
見つけるなんて無理だよ!

d0240983_14251743.jpg
あとは、これまでずっと撮ったことがなかったアフリカマイマイ。

今日は間違ってこいつを蹴り飛ばしちゃったのです。

なのでお詫びに記念撮影!

帰りはいったん羽地ダムへ立ち寄って休憩してから帰路に着いた。

d0240983_14265690.jpg
羽地ダムのベニトンボ。

赤い花に同化しちゃって、撮るのが難しかった!


午後は雨になるだろうからと早めに帰宅したのだけれど、何だか天気は好転しているようで昼前くらいからずっと晴れている。
洗濯がはかどるね!
[PR]
by saru_tra | 2014-04-22 14:35 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとらと奥与那林道で今年のヤンバルトゲオトンボ撮影

ちょっと前の日記になるのだけれど、この前の15日に久しぶりにDとら出動してきた。
朝は五時過ぎ位に出発してR58でまっすぐ北上。

d0240983_20562166.jpg
途中で塩屋大橋のデイゴを確認。

こちらのデイゴも漢那ダムのデイゴと同様たくさんのつぼみがついていた。


その後はゆいゆい国頭まで直行して朝ごはん休憩。
そして目的地は奥与那林道の水汲み場の滝だったのだけれど、辺野喜ダムから入って奥与那林道を北上することにした。

d0240983_20452437.jpg
辺野喜ダムの下流の橋でしゃくとりむしとダムの風景。

周りを見渡すと、欄干にはたくさんのしゃくとりむしがひっついていた。

木の上からも何匹もぶら下がっていたり。

そしてここから林道へ進入すると、あっちこっちに大量のしゃくとりむしがぶら下がって行く手を阻んでいたのでした。

大きいのは5cmくらいもあったけれど、バイクで走りながらだと目の前に来るまで見えないんだよね。
しゃくとりむしの数も多いし道は前日の雨で若干濡れているしでとてもよけることなんてできなかったので、引っ付かれるたびにとまって引っぺがさなきゃいけなかった。

今の季節のせいなのかなあ。
できれば梅雨に入る前にもっと林道へ行きたいのだけれど!

d0240983_210527.jpg
水汲み場の滝に到着すると、結構たくさんのヤンバルトゲオトンボを発見。

ヤンバルトゲオトンボの成熟した雄。

30cmくらいの背丈の草の下から羽化したてのやつも何匹も出てきた。

d0240983_2124727.jpg
そして羽化した直後の雌。

成熟した雌は見つけることができなかった。

d0240983_2135727.jpg
雄の羽の先っちょをちょっと拡大。

先っちょは透明。

d0240983_2143076.jpg
そして尾っぽの先っちょのトゲも拡大!

垂直に近い感じからかぎ爪状になった感じ?

もうちょっときっちり写真に撮れたらいいのに!

そして帰りがけには福地ダムのダム下の道へも行ってきた。

d0240983_2193379.jpg
福地ダムとDとら記念撮影!

Dとらちっさい。

d0240983_2112334.jpg
Dとら洪水吐きとも記念撮影。

d0240983_21124059.jpg
ダム下の川では水遊びできるのかなあ?


d0240983_21133261.jpg
あとは村道を通って風車とDとら記念撮影してR58から帰路に着いたのでした。

大宜味村の風車は結局二本だったんだね。

ひさーしぶりにDとらとのんびり国頭周遊することができた。
ただ、しゃくとりむしトラップさえなかったら、大国林道にも行こうと思っていたのだけれどもね。
[PR]
by saru_tra | 2014-04-18 21:23 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとらと国頭周遊でヤンバルクイナ観察など

今日は朝五時半位に特に目的も定めずに出発した。

d0240983_1810381.jpg
とりあえず国頭まで行きたかったので、まずは羽地ダムでちょっと休憩。

天気予報では晴れになっていたけれど、朝はちょっと曇りがちだった。

あったかいつもりで防寒対策を控えめにしてしまったので、太陽が出てくれることを祈りつつ北上。

d0240983_1813353.jpg
R58をひたすら北上してゆいゆい国頭でご飯休憩をして、そこからぐるっと奥港まで行ってみた。

以前から消波ブロックが大量に置かれていたのだけれど、今回はここで製作している様子を見ることができた。

d0240983_18172470.jpg
型枠を組み立ててコンクリートを流し込んで固めて枠を取り外せば出来上がりという感じ。

でっかいクレーンで型枠を一枚一枚取り外していた。

取り外した型枠の内側を箒で丁寧に掃除していたのが何だか不思議な感じがしたのだけれど、考えてみれば使いまわすのだから綺麗にしておかないと次のブロックがざらざらになっちゃうもんね。

特に目的地を定めていなかったので、この後はR58から県道70号線を通って国頭をぐるりと周回。

d0240983_1822150.jpg
すっかり天気も良くなって青空が綺麗だったので、風車とDとら記念撮影。


そしてせっかく県道70号線を南下するのだから、安田にあるヤンバルクイナ展示施設へ行ってみることにした。
d0240983_18263568.jpg
何となくで思っていたのより綺麗で大きな施設だった。

d0240983_18274611.jpg
ヤンバルクイナの住処はガラス張りになっていた。

周囲には雛壇状に腰掛があって、子供達が説明を受けながら観察できる学習施設らしいつくり。

d0240983_18302223.jpg
そしてここの住人のヤンバルクイナちゃん。

d0240983_1831083.jpg
こんなに近くでじっくり観察できる。

d0240983_18314293.jpg
ヤンバルクイナ展示施設の後は安波ダムへ立ち寄ってから大保ダムへ向かった。

こちらはヤンバルクイナつながりで大保ダムにある自動販売機。

d0240983_1832378.jpg
大保ダムから村道を通ってR58へ出る途中の風車は、羽が付けられて二本に増えていた。

クレーンが二台あったから、ひょっとしたら風車は全部で三本になるのかな?

d0240983_18344448.jpg
ここでもやっぱりDとら風車と記念撮影!

帰りの今日の空は特に撮影をしなかったので、代わりに安波ダムの今日の桜たち!
d0240983_18362162.jpg


d0240983_1836253.jpg



そしてこの後Dとらのブレーキパッド交換もちゃんとしてもらってきたのでした。
以上。
[PR]
by saru_tra | 2014-01-29 18:44 | D-TRACKER | Comments(7)

Dトラッカーで今年の初ダムめぐり

今日は朝五時くらいに出発して国頭の東海岸方面へ行ってきた。
久しぶりに辺野喜ダムとか安波ダムとか行ってみたくなったので。

d0240983_1913042.jpg
まずはやっぱりいつものように羽地ダムでちょっと休憩。

今日も真っ暗だったので、こんな感じ。

速やかにゆいゆい国頭へ北上して休憩、そして辺野喜ダムへ。
ダム事務所への道は開通していたので、天端の道は再び通れないようになってしまっていた。
残念。

d0240983_19134168.jpg
辺野喜ダム事務所入り口の桜並木はとっても綺麗に咲いていた。

これまでちゃんと事務所を訪問したことはなかったので、こんなに綺麗な桜並木になっていることを今日初めて知った。

d0240983_19215958.jpg
辺野喜ダムからは、村道を通って奥与那林道へ抜けて北上。

滝の水汲み場でちょっと休憩しながら生き物の姿を探したのだけれど、やっぱりとんぼはいなかった。

まだ冬だもんね。

奥与那林道を出てからは県道70号線を南下して、道々のダムを順番に訪問。
d0240983_1925677.jpg
普久川ダムの周囲の道路はやっぱりいつものように入れなかった。

d0240983_19272467.jpg
安波ダムは桜がとても綺麗だった。

メジロがたくさんいたので撮影に挑戦してみたのだけれど、残念ながら惨敗してしまった。

d0240983_1930387.jpg
ひさ~しぶりの新川ダム!

このダムは撮影場所が見つけられないのでいつもこんな感じなんだけれど、結構この雰囲気は好きなんだよね。

d0240983_19323958.jpg
ダムではないけれどせっかくだから沖縄やんばる海水揚水発電所も寄ってみた。

発電施設へは行けなかったので、展望台でDとら記念撮影。

このあたりから、天気がどんどん良くなってきた。

d0240983_19344586.jpg
福地ダムは上流の洪水吐き。

ここの海は本当に綺麗なんだよね。
でもその綺麗な海を撮影するのは難しいなあ。

本ダムではあっちこっちでいろんな工事をしていて落ち着かなかったので、写真撮影は断念。

d0240983_19371078.jpg
大保ダムは、本ダムとダム事務所と脇ダム全部の眺め。

橋の上から全体が見渡せることに今日初めて気づいた。

何度も通っていたはずなのにね。

d0240983_19401435.jpg
大保ダムからは村道を通ってR58まで出たのだけれど、途中で風車の設置をしているのを発見!

以前から工事がされていて何のためか気になっていたのだけれど、今日謎が解けた。

d0240983_19442479.jpg
そして最後は羽地ダムの今日の空。

せっかくだから漢那ダムと億首ダムも行くべきだったとは思うのだけれど、何だか疲れてしまったので帰路に着くことにしたのでした。

朝はかなり寒かったのでしっかり防寒したのだけれど、昼になって暑くなったせいでちょっとのぼせ気味になっちゃったのが敗因だろうな。

漢那ダムと億首ダムは次回訪問しよう!
[PR]
by saru_tra | 2014-01-17 19:53 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとら走り初めで桜並木の林道訪問など

今日は朝五時前に出発して、国頭をうろついてきた。
目的は、辺土岬訪問と伊地林道で今年最初の桜を見ること!

d0240983_1313649.jpg
まずはいつものように休憩目的で羽地ダムへ。

今日の朝は意外に暖かだったので、羽地ダムまで休憩なしで直行することができた。

六時くらいに着いたので、まだ辺りは真っ暗。

今日初めて真っ暗な道が怖いと思ったよ。
前にも後ろにも車がいない状態で街灯も全く無い山の中の道を走ること自体、今日が初めてだったんだと思う。

羽地ダムではちょっと休むだけですぐ出発。
続いては一気にR58でゆいゆい国頭へ向かったけれど、ここでも到着してすぐに出発したから写真は撮らなかった。

d0240983_1318257.jpg
ゆいゆい国頭を出発し、辺土岬へは朝日が昇った直後に到着した。

そしてここが初日の出スポットであることに納得!

驚いたことに、駐車場には車が何台かとまっていた。

平日だし早い時間だから独り占めだと思っていたのに、ちょっと残念。

d0240983_13231033.jpg
辺土まで来たら、必ず立ち寄る茅打ちバンタ。

今日はまだ日が昇りきっていなかったからか、海の青さはいまいちだった。

d0240983_1326346.jpg
続いての目的地伊地林道の橋のところでは、桜はまだ蕾が多かった。

d0240983_13273674.jpg
橋よりもう少し上にある大きな木は結構咲いていた。

d0240983_1328199.jpg
Dとら伊地林道の桜と記念撮影!

上手く撮れないんだけれど、何とか花のピンク色はわかるかな?

d0240983_13284755.jpg
伊地林道の橋はユフター橋だったっけ??

この橋からの景色はとても癒されるのです。

今日のような天気が良くて暖かい日は特にお勧めの場所。

d0240983_1332298.jpg
あとは、ただ何となく大国林道の長尾橋。

今日はお昼には帰る予定だったのだけれど、天気が良くてもったいないから予定にはなかった寄り道をしてみた。

でも長尾橋に到着した頃にはかなり曇ってしまったんだよね、残念。

d0240983_13335272.jpg
帰路の途中の羽地ダムの桜。

朝は真っ暗で気づかなかったのだけれど、羽地ダムの周辺も結構開花し始めていた。

d0240983_13343773.jpg
Dとら羽地ダムの桜と記念撮影!


今日は午後から天気が崩れる予報だったので、朝早く出発して早めに帰れるような予定で出かけてきた。

でもどうやら雨が降り出すのは、夕方以降になるらしい。

もうちょっと、奥与那林道とかにも立ち寄ってみてもよかったかなあ!
[PR]
by saru_tra | 2014-01-08 13:44 | D-TRACKER | Comments(0)

今日のDとら出動も近場をちょろっと

今日の天気は雨の予報だったので、Dとら出動はほとんど諦めていた。
なので朝はゆっくり起きて部屋の大掃除の準備をしていたのだけれど、全く雨が降る様子がないどころかお昼を過ぎると日差しと青空も出てきた。
そこで急遽倉敷ダムまでDとら出動することにした。

出発してから五分ほどで雨がちょろっと降ってきてしまったけれど、気にせずに倉敷ダムを目指す。
d0240983_16292415.jpg

到着すると、怪しげな雨雲と強風はあったけれど日差しもあったし青空もでていて変な空模様だった。

d0240983_16293416.jpg

太陽の反対側には虹!

アーチの真ん中に道とDとらが来るようにして撮れたらよかったのだけれど、今日の倉敷ダムは車が多かったので道にDとらをとめての撮影はし難い雰囲気だったのでした。


ここしばらく天気が悪いので、なかなか遠くまでお出かけが出来ないんだよね。
出来ることなら今年のDとら走り納めは国頭の方まで行きたいなあ!
[PR]
by saru_tra | 2013-12-18 16:32 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとらの体調伺いで倉敷ダムへの往復

今日は遠出をする予定は最初からなかったので、ゆっくり起きて9:00前くらいに出発した。
目的はDとらを動かして、リアサスのオイル漏れの状態を見てみること。

前回動かした数日後、足元に小さなオイル溜まりがあるのを発見した。
数日で一滴ぽたっている感じだったので、動かしたらどれくらい漏れてくるんだろうかと心配になったのです。

結果は、ちょっとオイルがついているのが確認できるくらいで流れてくるほどではなかったので、この程度の距離走るだけなら問題ないようだった。
とりあえず、もう少し様子を見てても大丈夫みたい。

遠出するときは休憩ごとに様子見して、漏れてきたオイルをこまめにふき取ることにしよう。

d0240983_1134640.jpg
今日の倉敷ダムは残念ながらちょっと雲が多めだった。

晴れた日のダム湖はなかなか綺麗なので、次回に期待しようっと。

そして今日はなぜか鳥がたくさん水面に浮かんでいた。

冬だから?

d0240983_1153058.jpg
右岸の池は、夏場に来たときよりも水草が若々しく見えた。

でもとんぼの姿はいっさい見られなくなっていて、ちょっと寂しげな雰囲気になっていたのでした。

d0240983_117217.jpg
スイレンは、咲いているのはなかったけれどふくらんだつぼみはたくさんあった。

冬場でも咲いているものなのかなあ。

d0240983_118231.jpg
今日の空にはもくもくとした雲が多かったけれど、更にその上には綺麗なうろこ雲が控えているようだった。

午後からは晴れるのかもね。

[PR]
by saru_tra | 2013-12-10 11:12 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとらと朝焼けの風景を求めて出動

今日は朝五時半くらいに出発して漢那ダム方面へ行ってきた。
『朝焼けに染まるお城の上でたそがれているっぽいDとら写真に挑戦!』ということで。
漢那ダムは中城城址をイメージした造りなので、撮り方によってはそんな感じに見えるはず!
本当のグスクの上にはバイクでは行けないもんね。

d0240983_18553819.jpg
到着したのは六時をちょっとまわったくらいで、まだ辺りは薄暗かった。

そして空は綺麗な群青色で、ダム湖の上には雲ひとつなかった。

まだ街灯の点いている脇ダムを撮影。

d0240983_1857268.jpg
残念ながら空はまったく焼けてはくれなかったし綺麗な雲もなかったので、普通にDとら記念撮影。

なぜ天端の上じゃないかというと、何か作業中だったようで道具やカラーコーンが置かれていたからでした。

もし朝焼けが綺麗に出ていたとしても、今日は撮影できなかったということなのです。

だから悔しくなんかないんだぜ!

ちょっと迷ったけれど、このまま待っていても綺麗な雲も出てきそうにはなかったので漢那ヨリアゲの森緑地公園へ移動して、今日は鳥の撮影に挑戦してみた。
FT3だし近づくことも出来ないので、はっきりいってヒドイ写真だと思う。
でもこの前Pingさんと来たときに見た鳥を撮ってみたかったのです。
d0240983_197587.jpg
かろうじて形がわかる程度に撮れた写真たち。

d0240983_1972856.jpg
カワセミでいいと思う。

何度も池にダイブしていたけれど、この池は濁っているし魚いるのかなあ?

二羽ほど来ていたようだし、他の鳥たちも集まってきていたので良い餌場ではあるのだろうね。

小さい池なのに何だか意外!

d0240983_19131367.jpg
他にも来ていた鳥たち。

大きさが違うけれど、親子じゃなくて違う種類の鳥のようだね。

あとはやっぱり虫たちも撮影。
d0240983_1917110.jpg
朝露に濡れたシジミチョウ。

太陽が出るのをじっと待っているみたいだった。

飛べないからなのか、必死に葉っぱの影に隠れようとするのがかわいかった!

d0240983_19173352.jpg
太陽が出て気温が上がり始めた頃に、アオモンイトトンボたちも出てきた。

d0240983_19195074.jpg
今日は雌もたくさん見つけられた。

アオモンさんはいつまで見られるんだろうなあ。


この後は、Dとらのオイル交換をしてもらってきて自分の散髪も行ってきた。
コンテの初洗車は明日の朝してこようかな。
[PR]
by saru_tra | 2013-11-27 19:24 | D-TRACKER | Comments(0)

Dトラッカーで災害続きだった林道をやっと訪問【ここしばらくの日記のまとめの続き】

2013.10.30
朝何時に出たのかはもう忘れてしまったのだけれど、この日は名護市二見のメロディーロードと大宜味村の大兼久林道を目的に出動した。

d0240983_2103984.jpg
二見に到着するちょっと前くらいに太陽が昇り始めた。

d0240983_2105332.jpg
二見情話のメロディーロード!

帰ってから写真を見て、メロディーロードの標識があったことに気づいた。

何だか素敵なデザインのようだから、今度はちゃんと撮ってこよう。

以前にミラで走ったときには、思ったよりもちゃんとメロディーが聞こえた。
でもDとらだと、ヘルメットがあるしエンジンの音がうるさいしタイヤが二個足りないので、メロディーには聞こえなかった。
何となく音は聞こえたけれどもね。
走ってみるなら四輪の方がいいな。

d0240983_216942.jpg
北部へ向かうときには必ず立ち寄る羽地ダムにやはり立ち寄って、ねこたちを激写。

何なのよって感じの表情がかわいいなあ!

d0240983_21105142.jpg
そしてついに大兼久林道へ進入!

民家の脇から民家の脇へ通じる、ちょっと珍しい林道だと思う。

d0240983_21131636.jpg
大兼久林道から、谷を挟んでお向かいの村道を望む。

沖縄でこういう景色ってあんまり見られないんじゃないかと思う。

d0240983_21211779.jpg
林道を走破したあとは、大保ダムでとんぼ撮影。

これまで逃げられてばかりで上手くいかなかった大きさ比較をやっと成功させた。

でもやっぱりへたくそで、上手くいったとは言い難いかなあ。

とんぼばっかり追いかけるのももったいないので、次に宮城林道を探しに行ってみた。
d0240983_21254539.jpg
結局宮城林道の場所はわからなかったのだけれど、何だか素敵な雰囲気の畑を発見。

この畑の脇に鈴木線と書かれたコンクリートの柱が建っていたのだけれど、道路の名前だったのかなあ?

そのまま帰路に着くのももったいなかったので、東村のサキシマスオウノキへも行ってみた。
d0240983_21314522.jpg
相変わらず素敵な木だったけれど、その周りを飛び交っていたちょうちょも素敵だったので撮ってみた。

多分リュウキュウアサギマダラだと思う。

d0240983_21352016.jpg
ちょっと違った感じのも一緒に居たんだけれど、こっちはどうやらリュウキュウムラサキっぽい。

d0240983_2141850.jpg
最後に、この日の今日の空は快晴でした。

以上。
[PR]
by saru_tra | 2013-11-26 21:48 | D-TRACKER | Comments(0)

Dとらと目的もなく国頭周遊

今日は朝五時頃に出発して、国頭村をうろついてきた。
もうとんぼの時期も終わった感じだし目ぼしい林道もうろついてしまったので、特に目的も設定せずに北を目指した。

まずは羽地ダムまで直行しようと思ったのだけれど、思いのほか気温が低くて手がかじかんでしまったので途中で何度も休憩を挟んだ。
コンビニで、犬から餌を奪おうと隙を窺っているねこをこっそり観察したり。
大浦わんさかパークの自販機で『あったかい』飲み物を買おうと思ったのにどこにも無くてがっかりしたり。
d0240983_16123925.jpg
羽地ダムには予定よりも30分位遅れで到着。

まだ街灯が点いていたのでDとら記念撮影もしてみた。

駐車場が整備されていて、ちょうどDとらを止めている場所はバス専用の駐車スペースになっていた。

d0240983_16165897.jpg
ちょっと前から羽地ダムのねこが増えているなと思っているのだけれど、今日初めて出会ったねこ。

以前から白いのは居たけれど、最近は茶色の方が多い。

この子はとても人懐こくて、Dとらの周りにまとわりつくから出発のときちょっと困ってしまったよ。

羽地ダムを出発してからは、ゆいゆい国頭でちょっと休憩を挟んで辺戸岬へ向かった。
d0240983_1622597.jpg
売店なんかが取り壊されてしまっているという噂は聞いていたけれど、本当に閑散としてしまっていてびっくりした。

初代ミラと来ていた頃にはたこ焼きとかが売っていて、お昼ごはん代わりに助かっていたんだけれどもね。

何だかちょっと寂しかった。

続いて茅打ちバンタへ向かったのだけれど、空にとても不思議な感じの雲が出ていたので撮ってみた。
d0240983_1631506.jpg
階段というか鍵盤のような雲。

海側から……

d0240983_16315578.jpg
山の向こうまで続いている。

観察してみると、海側から山側へ向かって整列したまま結構な速度で流れていた。

うろこ雲なんかだとあまり流れていく感じではないから、もっと低い場所にあるんだろうね。

せっかく国頭まで来たのだからということで、とりあえず奥与那林道の滝へも行ってみた。
まだ11月だから、もしかしたらリュウキュウルリモントンボがまだ居るんじゃないかと思っていたのだけれど、残念ながらまったく姿を見つけられなかった。
オオシオカラトンボは元気に飛び回っていたのだけれどもね。
仕方がないので他の虫たちを激写。
d0240983_16432427.jpg
沖縄に来てから、真っ赤なてんとう虫よりもオレンジ色でちょっとでっかいヤツの方が良く見かけるんだよね。

単なる偶然なのかも知れないけれど、地元に居たときは赤以外の色のが珍しかったからちょっと不思議。

d0240983_16435412.jpg
デリニエーターにひっついた、出来損ないのたわしのようなヤツ。

じっとしていたから、これからさなぎになるのかな?

d0240983_16515470.jpg
帰り道、久しぶりに普久川ダムへも行ってみた。

相変わらず周遊道路へは立ち入り禁止でがっかり。

そしてここでも不思議な雲が出ていたので、ダムと一緒に撮影。

どういう仕組みでできるんだろうなあ。

本当に不思議!


今日の海岸線では、強風にあおられた波のせいで塩まみれになってしまった。
帰宅して、しっかりでもないけれど、Dとら洗車をしたのでした。

以上。
[PR]
by saru_tra | 2013-11-20 16:56 | D-TRACKER | Comments(0)


Dトラッカーに乗っていたさるの日記


by さる

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まとめのもくじ

タグ

(108)
(107)
(77)
(23)
(20)
(17)
(10)

最新の記事

Dとらとお別れしてきた
at 2016-11-18 14:24
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-11-18 08:43
ちょっと遠くへお出かけしてき..
at 2016-11-01 17:03
久しぶりにとんぼ探しに行って..
at 2016-10-19 13:27
お猫さまをお迎えした
at 2016-10-05 16:19

記事ランキング

最新のコメント

カードHさん、こんにちは..
by saru_tra at 08:51
バイクとのお別れですか。..
by カードH at 20:07
> カードHさん こん..
by saru_tra at 11:15
こんにちは。早割で沖縄便..
by カードH at 21:51
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 18:33

検索